地方天候情報

        
低温と大雪に関する異常天候早期警戒情報(関東甲信地方)
平成30年1月22日14時30分 
気象庁地球環境・海洋部 発表

要早期警戒
警戒内容... 1月27日頃からの約1週間、かなりの低温の確率30%以上、大雪の確率30%以上
対象地域 関東甲信地方

7日平均地域気温平年差−2.1℃以下となる確率が30%以上です

7日合計地域降雪量平年比154%以上となる確率が30%以上です

 今回の検討対象期間(1月27日から2月5日まで)において、1月27
日頃からの1週間は、関東甲信地方では気温が平年よりかなり低くなる確率
が30%以上で、長野県北部・群馬県北部では降雪量が平年よりかなり多く
なる確率が30%以上と見込まれます。
 農作物の管理に注意するとともに、除雪などの対応に留意してください。
また、今後の気象情報に注意してください。
 なお、関東甲信地方の気温は、昨日までの1週間は高くなりましたが、2
4日頃から2週目にかけては低くなる見込みです。

<参考>
この期間の主な地点の7日間降雪量の平年値は、以下のとおりです。
地点    《平年値》
藤原... 79センチ
みなかみ... 72センチ
草津... 41センチ
野沢温泉... 95センチ
信濃町... 58センチ
飯山... 78センチ
小谷... 75センチ
白馬... 53センチ
長野... 24センチ
大町... 44センチ
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加