火山情報

        
平成29年7月22日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山で、本日実施した現地調査の結果では、火山ガス(二酸化硫黄)の
1日あたりの放出量は、速報値で600トンとやや少ない状態となりました。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.07分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、本日(22日)実施した現地調査で、火山ガス(二酸化硫黄)
の1日あたりの放出量は、速報値で600トン(前回7月21日2900
トン、速報値)と減少し、やや少ない状態となっています。

 火山性地震の回数は多い状態で経過しています。

 7月17日以降の火山性地震、孤立型微動の発生状況は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


             火山性地震  孤立型微動
  7月17日      164回     9回
    18日      174回    21回
    19日      267回    41回
    20日      187回    21回
    21日      138回    25回
    22日15時まで 139回     5回

 火山性微動の振幅は、小さな状態で経過しており、孤立型微動も少ない状
態です。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められませんが、火口内では土砂
や火山灰が噴出する可能性があります。また、火口付近では火山ガスに注意
して下さい。

<次回発表>
 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加