地方天候情報

        
気温と雪に関する異常天候早期警戒情報(近畿地方)
平成30年2月8日14時30分 
大阪管区気象台 発表

早期警戒事項なし
対象地域 近畿地方

7日平均地域気温平年差+2.7℃以上、−2.2℃以下となる確率は共に
30%未満です

7日合計地域降雪量平年比245%以上となる確率は30%未満です

 今回の検討対象期間(2月13日から2月22日まで)において、近畿地
方では、7日間平均気温がかなり高くなるまたはかなり低くなる確率は30
%未満、近畿日本海側では、7日間降雪量がかなり多くなる確率は30%未
満と見込まれ、早期に警戒を要する状況ではありません。
 引き続き、最新の気象情報等をご利用ください。
 なお、近畿地方の気温は、昨日までの1週間は平年に比べかなり低くなり
ました。今後1週間程度は、低い状態が続く可能性があります。また、近畿
日本海側では、向こう1週間の降雪量は、平年よりかなり多くなる可能性が
あります。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加