火山情報

	        
令和元年9月13日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から継続していた山体膨張
を示すと考えられる伸びが8月下旬頃から鈍化しています。また、8月頃か
らみられていた浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺の短い基線の伸び
も、現在、鈍化しています。
 芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、増減を繰り返
しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  9月  9日           0回
     10日           0回
     11日           1回
     12日           0回
     13日(15時まで)    0回

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、16日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第44号
令和元年9月9日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続しています。また、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷
周辺の短い基線の伸びは6月頃から鈍化していましたが、8月頃から再びわ
ずかな伸びが認められます。
 芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、増減を繰り返
しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  9月  6日           0回
      7日           0回
      8日           0回
      9日(15時まで)    0回

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、13日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第43号
令和元年9月6日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続しています。また、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷
周辺の短い基線の伸びは6月頃から鈍化していましたが、8月頃から再びわ
ずかな伸びが認められます。
 芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、増減を繰り返
しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  9月  2日           0回
      3日           0回
      4日           0回
      5日           0回
      6日 (15時まで)   0回

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、9日(月)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第42号
令和元年9月2日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続しています。また、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷
周辺の短い基線の伸びは6月頃から鈍化していましたが、8月頃から再びわ
ずかな伸びが認められます。
 芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、増減を繰り返
しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月 30日           1回
     31日           0回
  9月  1日           0回
      2日(15時まで)    0回

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、6日(金)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第41号
令和元年8月30日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続しています。また、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷
周辺の短い基線の伸びは6月頃から鈍化していましたが、8月頃から再びわ
ずかな伸びが認められます。
 芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、増減を繰り返
しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月 26日           1回
     27日           0回
     28日           0回
     29日           0回
     30日(15時まで)    0回

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、9月2日(月)16時頃に発表の予
定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第40号
令和元年8月26日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続しています。また、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷
周辺の短い基線の伸びは6月頃から鈍化していましたが、8月頃から再びわ
ずかな伸びが認められます。
 芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、増減を繰り返
しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月 23日           1回
     24日           4回
     25日           0回
     26日(15時まで)    0回

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、30日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第39号
令和元年8月23日16時05分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続しています。また、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷
周辺の短い基線の伸びは6月頃から鈍化していましたが、8月頃から再びわ
ずかな伸びが認められます。
 芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、増減を繰り返
しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月 19日           0回
     20日           0回
     21日           1回
     22日           0回
     23日(15時まで)    0回

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、26日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第38号
令和元年8月19日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月 16日           0回
     17日           3回
     18日           0回
     19日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、23日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第37号
令和元年8月16日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月 12日           1回
     13日           0回
     14日           0回
     15日           0回
     16日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、19日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第36号
令和元年8月12日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月  9日           2回
     10日           0回
     11日           4回
     12日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、16日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第35号
令和元年8月9日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月  5日           0回
      6日           2回
      7日           1回
      8日           0回
      9日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、12日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第34号
令和元年8月5日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  8月  2日           6回
      3日           1回
      4日           0回
      5日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、9日(金)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第33号
令和元年8月2日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月 29日           1回
     30日           0回
     31日           6回
  8月  1日           0回
      2日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、5日(月)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第32号
令和元年7月29日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月 26日           1回
     27日           1回
     28日           1回
     29日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、8月2日(金)16時頃に発表の予
定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第31号
令和元年7月26日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月 22日           2回
     23日           0回
     24日           0回
     25日           1回
     26日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、29日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第30号
令和元年7月22日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月 19日           3回
     20日           1回
     21日           0回
     22日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、26日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第29号
令和元年7月19日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は概ねやや少ない状態で経過しています。1
6日から17日にかけて、芦ノ湖南部で火山性地震が一時的に増加しました。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月 15日           1回
     16日           8回
     17日          19回
     18日           1回
     19日(15時まで)    2回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、22日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第28号
令和元年7月15日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山‥‥‥‥‥ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月 12日           2回
     13日           0回
     14日           1回
     15日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、19日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第27号
令和元年7月12日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月  8日           0回
      9日           0回
     10日           1回
     11日           3回
     12日(15時まで)    3回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びが継続していますが、浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは6月頃から鈍化しています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、15日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第26号
令和元年7月8日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月  5日           3回
      6日           0回
      7日           0回
      8日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びがみられています。浅部の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺の
短い基線の伸びは継続しているものの、やや鈍化傾向の可能性があります。

 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、12日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第25号
令和元年7月5日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  7月  1日           0回
      2日           0回
      3日           0回
      4日           0回
      5日(15時まで)    3回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びがみられています。浅い所の膨張を示すと考えられる大涌谷周辺
の短い基線の伸びは継続しているものの、やや鈍化傾向の可能性があります。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、8日(月)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第24号
令和元年7月1日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月 28日           0回
     29日           2回
     30日           1回
  7月  1日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、5日(金)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第23号
令和元年6月28日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月 24日           0回
     25日           0回
     26日           1回
     27日           0回
     28日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、7月1日(月)16時頃に発表の予
定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第22号
令和元年6月24日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月 21日           0回
     22日           0回
     23日           0回
     24日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、28日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第21号
令和元年6月21日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しており、今期間は少ない状態で経過しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月 17日           0回
     18日           0回
     19日           0回
     20日           0回
     21日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、24日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第20号
令和元年6月17日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近等を震源とする火山性地震は、
増減を繰り返しながら引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月 14日           1回
     15日           2回
     16日           1回
     17日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、21日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第19号
令和元年6月14日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、5月18日から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を震源
とする火山性地震は、増減を繰り返しながら引き続き発生しています。10
日には台ヶ岳付近で、13日には芦ノ湖南部で火山性地震が一時的に増加し
ました。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月 10日          18回
     11日           0回
     12日           0回
     13日           9回
     14日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、17日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第18号
令和元年6月10日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、5月18日から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を震源
とする火山性地震は、増減を繰り返しながら引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月  7日           1回
      8日           0回
      9日           0回
     10日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、14日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第17号
令和元年6月7日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、5月18日から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を震源
とする火山性地震は、増減を繰り返しながら引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  6月  3日           3回
      4日           0回
      5日           0回
      6日           1回
      7日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、10日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第16号
令和元年6月3日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、5月18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付
近を震源とする火山性地震は、増減を繰り返しながら引き続き発生していま
す。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 31日           1回
  6月  1日           0回
      2日           0回
      3日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、7日(金)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第15号
令和元年5月31日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震は、増減を繰り返しながら引き続き発生しています。

 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 24日           0回
     25日           0回
     26日           0回
     27日           1回
     28日           0回
     29日           0回
     30日           6回
     31日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、6月3日(月)16時頃に発表の予
定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第14号
令和元年5月30日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震は、23日に一時的に増加するなど増減を繰り返しな
がら引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 23日           9回
     24日           0回
     25日           0回
     26日           0回
     27日           1回
     28日           0回
     29日           0回
     30日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、31日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第13号
令和元年5月29日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震は、23日に一時的に増加するなど増減を繰り返しな
がら引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 22日           2回
     23日           9回
     24日           0回
     25日           0回
     26日           0回
     27日           1回
     28日           0回
     29日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、30日(木)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第12号
令和元年5月28日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震は、23日に一時的に増加するなど増減を繰り返しな
がら引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 21日           2回
     22日           2回
     23日           9回
     24日           0回
     25日           0回
     26日           0回
     27日           1回
     28日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、29日(水)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第11号
令和元年5月27日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震は、23日に一時的に増加するなど増減を繰り返しな
がら引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 20日           4回
     21日           2回
     22日           2回
     23日           9回
     24日           0回
     25日           0回
     26日           0回
     27日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、28日(火)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第10号
令和元年5月26日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震は、20日以降減少し、1日あたり9回以下で経過し
ています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 19日          74回
     20日           4回
     21日           2回
     22日           2回
     23日           9回
     24日           0回
     25日           0回
     26日(15時まで)    0回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、2019年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、27日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第09号
令和元年5月25日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震が、引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 18日          43回
     19日          74回
     20日           4回
     21日           2回
     22日           2回
     23日           9回
     24日           0回
     25日(15時まで)    0回
 
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、26日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第08号
令和元年5月24日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震が、引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 17日           0回
     18日          43回
     19日          74回
     20日           4回
     21日           2回
     22日           2回
     23日           9回
     24日(15時まで)    0回
 
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、25日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第07号
令和元年5月23日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内で
は、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時ごろから増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近
を震源とする火山性地震は、引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 17日           0回
     18日          43回
     19日          74回
     20日           4回
     21日           2回
     22日           2回
     23日(15時まで)    8回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から山体膨張を示すと考え
られる伸びの変化がみられています。
 箱根山では、大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可
能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、24日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第06号
令和元年5月22日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。想定火口域内では、弾道を描
いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時ごろから増加した芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近
を震源とする火山性地震は、減少しながらも引き続き発生しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 17日           0回
     18日          43回
     19日          74回
     20日           4回
     21日           2回
     22日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から一部の基線で伸びの変
化がみられています。
 箱根山では、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可能性がありま
す。

<防災上の警戒事項等>
 想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、23日(木)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第05号
令和元年5月21日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。想定火口域内では、弾道を描
いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を震源とす
る火山性地震が増加しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 17日           0回
     18日          43回
     19日          74回
     20日           4回
     21日(15時まで)    1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から一部の基線で伸びの変
化がみられています。
 箱根山では、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可能性がありま
す。

<防災上の警戒事項等>
 大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒
してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないで
ください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、22日(水)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第04号
令和元年5月20日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。想定火口域内では、弾道を描
いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日05時頃から芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を震源とす
る火山性地震が増加しています。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 17日           0回
     18日          43回
     19日          74回
     20日(15時まで)    4回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から一部の基線で伸びの変
化がみられています。

 箱根山では、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可能性がありま
す。

<防災上の警戒事項等>
 想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、21日(火)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第01号
令和元年5月19日01時30分 気象庁地震火山部発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 箱根山で5月18日から地震が増加しています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、18日5時頃から芦ノ湖の西岸を震源とする地震を中心に、
地震が増加しています。

 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

             地震回数
 5月17日         0回
 5月18日        45回
 5月19日1時まで     1回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から一部の基線で伸びの変
化が見られます。

 これらのことから、箱根山の火山活動が高まっていると考えられます。

<防災上の警戒事項等>
 箱根山は活火山であることから、規模の小さな噴出現象が突発的に発生す
る可能性がありますので、留意してください。
大涌谷周辺の想定火口域では、噴気活動が活発なところがありますので、火
口や噴気孔周辺では噴気や火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、19日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 噴火警報(火口周辺)
令和元年5月19日02時15分 気象庁地震火山部発表

<箱根山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>
 想定火口域内での噴火の発生に警戒してください。
<噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)
に引上げ>

<噴火警報・予報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 引上げ (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m

<噴火警報・予報(対象市町村等)>
火口周辺警報 ━━━━━━ 発表 (前の状況:噴火予報)
 神奈川県箱根町
<噴火警報・予報(対象市町村の防災対応等)>
火口周辺警報:入山規制等 ━ 発表 (前の状況:活火山であることに留意)
 神奈川県箱根町

<火山の活動状況等>
 箱根山では、昨日(18日)05時頃から芦ノ湖の西岸を震源とする地震
を中心に、火山性地震が増加しています。
 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から一部の基線で伸びの変
化がみられています。

 これらのことから、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可能性が
あります。

<防災上の警戒事項等>
 想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<補足事項>
**(参考:噴火警戒レベルの説明)**
【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮
者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制
等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規
制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第02号
令和元年5月19日10時10分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。想定火口域内では、弾道を描
いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、昨日(18日)05時頃から芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震が増加しています。本日(19日)08時台に震度1
を観測する地震が発生しました。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

             火山性地震
  5月17日         0回
    18日        45回
    19日09時まで   21回

 大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いています。
 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から一部の基線で伸びの変
化がみられています。

 これらのことから、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可能性が
あります。

 本日(19日)、気象庁機動調査班(JMA-MOT)による現地調査を
実施する予定です。

<防災上の警戒事項等>
 想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、19日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 箱根山 火山の状況に関する解説情報 第03号
令和元年5月19日16時10分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 箱根山では、火山活動が活発化しています。想定火口域内では、弾道を描
いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル2(火口周辺規制)━ 継続 (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲箱根山・・・・・ 北緯35度14.00分 東経139度01.25分 標高 1438m


<火山の活動状況等>
 箱根山では、昨日(18日)05時頃から芦ノ湖の西岸及び駒ヶ岳付近を
震源とする火山性地震が増加し、本日も多い状態が続いています。本日(1
9日)08時台に震度1を観測する地震が発生しました。
 火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。

                火山性地震
  5月 17日           0回
     18日          45回
     19日(15時まで)   48回

 本日(19日)、気象庁機動調査班(JMA-MOT)による現地調査を
実施したところ、大涌谷周辺の活発な噴気活動に変化はなく、地熱域につい
ては引き続き温度の高い状態が認められました。

 GNSS連続観測では、令和元年3月中旬頃から一部の基線で伸びの変
化がみられています。

 箱根山では、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可能性がありま
す。

<防災上の警戒事項等>
 想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降る
ため注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、20日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

お知らせ

その他お知らせ

新着情報

  • 地方気象情報】が発表されました。
    北海道 南西諸島
  • 府県気象情報】が発表されました。
    宗谷地方 上川・留萌地方 八重山地方 石狩・空知・後志地方 長崎県 宮古島地方 東京都
  • 季節の便り】が届きました。
    神奈川 山梨 山形
mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加