地方気象情報

        
大雨に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第24号
令和2年7月8日11時23分 福岡管区気象台発表

九州北部地方では大雨の峠は越えましたが、これまでの記録的な大雨により
広い範囲で地盤が緩んでいる所や増水している河川があります。引き続き土
砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫に警戒してください。

 梅雨前線は九州南部付近まで南下しましたが、9日夜には再び北上し対馬
海峡付近に停滞する見込みです。
 九州北部地方の雨は小康状態となっていますが、9日夕方から再び激しい
雨が降るおそれがあります。
 これまでの記録的な大雨により広い範囲で地盤が緩んでいる所や増水して
いる河川があります。引き続き土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫
に警戒してください。

<雨の予想>
 9日12時から10日12時までに予想される24時間降水量は、いずれ
も多い所で、
 福岡県 100から200ミリ
 佐賀県 100から200ミリ
 長崎県 100から200ミリ
 大分県 100から200ミリ
 熊本県 100から200ミリ

<防災事項>
 土砂災害に厳重に警戒、河川の増水や氾濫に警戒してください。
 今後発表する警報や注意報、気象情報などに留意してください。

 土砂災害や浸水害、洪水の危険度分布に関しては、「気象庁ホームページ」
などを確認してください。

 次の情報は、8日16時頃に発表する予定です。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加