TOPICS

TOPICS画像

2022/08/07 12:26

今夜遅くにかけて北日本を中心に大気不安定


北海道と日本海は気圧の谷となっています。日本付近の上空約9千mには、北日本で氷点下33度以下、東日本で氷点下30度以下の寒気が流れ込んでいます。また、太平洋高気圧の縁を回る湿った空気が流れ込んでいるため、北日本では7日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

現在、東北地方の日本海側、近畿、四国、九州地方で雨や雷雨となっている所があります。
北日本から東日本では、7日夜遅くにかけて雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、局地的に大雨となる所があるでしょう。


8日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
 関東甲信地方、東海地方  100ミリ
 東北地方、北陸地方     80ミリ
 北海道地方         50ミリ


北日本から東日本では、7日夜遅くにかけて土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。北日本では7日夜遅くにかけて、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

TOPICS画像

2022/08/06 21:30

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和4年8月6日21時27分 気象庁発表

 6日21時23分ころ、地震がありました。
震源地は、茨城県沖(北緯36.2度 東経141.1度 深さ 40km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.9と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 茨城県北部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : ひたちなか市 東海村

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2022/08/06 11:38

東海から西を中心に大気不安定に


前線を伴った低気圧が日本の東にあって東に進んでおり、前線が
東海道沖にのびています。この前線に向かって暖かく湿った空気が
流れ込む為、大気の状態が不安定となっています。
この為、今日は所々で雨雲がわく見込みです。

現在、東海からの西の地域では、局地的に強い雨が降っている所が
あって、三重県と大阪府で大雨警報が発表されている所があります。
特に前線に近い東海地方では、強い雨の降る所がある見込みで、

6日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
・愛知県 50ミリ
・岐阜県 40ミリ
・三重県 60ミリ
・静岡県 40ミリ
6日6時から7日6時までに予想される降水量は、いずれも多い所で、
・愛知県 100ミリ
・岐阜県 80ミリ
・三重県 150ミリ
・静岡県 80ミリ

となっています。
明日も、大気が不安定な状況は続き、山沿いを中心に所々で
雨雲がわく見込みで、局地的に激しい雨が降る恐れがあります。
ここ数日の大雨による被害にあった地域では特に、土砂災害や
河川の増水、低地の浸水などにご注意下さい。

TOPICS画像

2022/08/05 12:28

東北や北陸地方で記録的な雨。この先も雨や雷雨に注意を


8月に入ってから東北〜北陸地方で大雨となりました。
72時間雨量を振り返ると、新潟の下関では569ミリ、福井の今庄で426ミリ、山形の高峰で311ミリの雨を観測し、72時間雨量ではありますが、いずれもおよそ24時間の間にこれほどの雨がいっきに降り、観測が始まって以来1位の雨量となりました。
これほどの大雨となった原因は、東北〜北陸地方に停滞していた前線にあります。
この前線に向かって暖かく湿った空気が入り込み前線の活動が活発になり、さらに線状降水帯が発生し、同じような場所で活発な雨雲がかかり続けたことです。
これにより、各地で土砂災害や河川の氾濫など被害が発生しました。

現在は北陸〜東北地方の雨は小康状態ですが、山口県や近畿地方中心に、活発な雨雲がかかっており、局地的に猛烈な雨となっています。
今夜にかけ、西日本〜東日本では大気の状態が非常に不安定となるため、現在雨が降っていない所でも急な雨や雷雨に注意が必要です。
また、これまでに大雨となったところでは、少しの雨でも土砂災害や河川の増水や氾濫のリスクが高まっている状況です。
最新の気象情報に加え、気象庁の「キキクル」など活用し、危険だと感じた際には避難情報を待たずに明るい時間の間に避難行動をするようにして下さい。

この先ですが、前線は日本列島から徐々に遠ざかる見込みです。
ただ、上空の寒気に、暖かく湿った空気が入り込むため、週末にかけても九州〜東北地方では空模様の変化に注意してください。

■週間天気予報
この週末は九州〜東北地方で発雷確率が高くなっています。山のレジャーを考えている方は、計画の見直しを考えてもいいかもしれません。
そして、週明け以降は西日本〜東日本で危険な暑さが戻ってくるため、暑さによる熱中症対策もお願いします。
一方、北日本には日曜日以降、再び前線が停滞し、月曜〜火曜にかけ東北北部〜北海道で雨量多くなる恐れがあります。
最新の気象情報を必ず確認し、雨への備えもお願いします。

TOPICS画像

2022/08/04 11:23

大雨特別警報発表中。大気の状態が非常に不安定!


前線が日本海から北陸地方を通って日本の東にのびており、前線上の低気圧が日本の東を南東に進んでいます。
前線は4日夜にかけて西日本まで南下した後、5日には日本の南に南下する見込みです。
前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、東日本から西日本にかけては大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

新潟県には大雨特別警報を発表中です。
何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当します。
命の危険が迫っているため直ちに身の安全を確保しなければならない状況ですので、引き続き土砂災害に最大級の警戒をしてください。


[防災事項]
新潟県には大雨特別警報を発表中です。
これまでに経験したことのないような大雨となっています。
何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当します。
命の危険が迫っているため直ちに身の安全を確保しなければならない状況です。


<大雨・雷・突風>
北陸地方では、大気の状態が非常に不安定になって、猛烈な雨が降っている所があります。
これまでの大雨により、土砂災害や浸水害、洪水害の危険度が非常に高くなっている所があります。
東日本を中心に、4日は雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降って大雨となる所があるでしょう。

 5日12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  北陸地方             250ミリ
  東海地方             150ミリ
  東北地方、関東甲信地方      100ミリ
  近畿地方              80ミリ

の見込みです。

新潟県では、引き続き土砂災害に最大級の警戒をしてください。
また、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

新潟県以外の北陸地方、東北地方、東海地方では、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

また、東日本から西日本にかけては、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。
降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

TOPICS画像

2022/08/04 09:54

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和4年8月4日09時52分 気象庁発表

 4日09時48分ころ、地震がありました。
震源地は、福島県沖(北緯37.6度 東経141.7度 深さ 60km)
地震の規模(マグニチュード)は、5.6と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度4 : 宮城県南部 宮城県中部 福島県中通り 福島県浜通り
震度3 : 岩手県内陸南部 宮城県北部 山形県置賜 茨城県北部
〃 : 栃木県北部

[震度3以上が観測された市町村]
震度4 : 石巻市 丸森町 福島市 相馬市
〃 : 二本松市 田村市 南相馬市 福島伊達市
〃 : 桑折町 国見町 川俣町 泉崎村
〃 : 楢葉町 双葉町 浪江町
震度3 : 一関市 塩竈市 白石市 名取市
〃 : 角田市 岩沼市 登米市 栗原市
〃 : 東松島市 大崎市 蔵王町 大河原町
〃 : 村田町 柴田町 宮城川崎町 亘理町
〃 : 山元町 松島町 七ヶ浜町 利府町
〃 : 大郷町 色麻町 涌谷町 宮城美里町
〃 : 米沢市 郡山市 いわき市 白河市
〃 : 須賀川市 本宮市 大玉村 鏡石町
〃 : 天栄村 中島村 矢吹町 石川町
〃 : 玉川村 浅川町 古殿町 小野町
〃 : 福島広野町 富岡町 川内村 大熊町
〃 : 葛尾村 新地町 飯舘村 大子町
〃 : 那須町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2022/08/04 04:34

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和4年8月4日04時31分 気象庁発表

 4日04時28分ころ、地震がありました。
震源地は、宗谷地方北部(北緯45.0度 東経141.9度 深さ 10km)
地震の規模(マグニチュード)は、2.8と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 宗谷地方北部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 幌延町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2022/08/04 02:06

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和4年8月4日02時02分 気象庁発表

 4日01時59分ころ、地震がありました。
震源地は、宗谷地方北部(北緯45.0度 東経141.9度 深さ 10km)
地震の規模(マグニチュード)は、3.4と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 宗谷地方北部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 幌延町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2022/08/04 02:04

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和4年8月4日02時02分 気象庁発表

 4日01時59分ころ、地震がありました。
震源地は、宗谷地方北部(北緯45.0度 東経141.9度 深さ 10km)
地震の規模(マグニチュード)は、3.4と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 宗谷地方北部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 幌延町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2022/08/04 01:48

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和4年8月4日01時45分 気象庁発表

 4日01時41分ころ、地震がありました。
震源地は、宗谷地方北部(北緯45.0度 東経141.9度 深さ 10km)
地震の規模(マグニチュード)は、3.7と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度4 : 宗谷地方北部
震度3 : 留萌地方中北部

[震度3以上が観測された市町村]
震度4 : 幌延町
震度3 : 天塩町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2022/08/03 11:09

青森・秋田で線状降水帯 発生


今日、7時59分に青森県に、8時29分に秋田県にも線状降水帯による
非常に激しい雨が同じ場所で降り続いているとして、
【顕著な大雨に関する情報】が発表されました。
命に危険が及ぶ土砂災害や洪水による災害発生の危険度が急激に
高まっています。避難情報に従い、直ちに適切な避難行動をとるように
して下さい。

今日は、前線が日本海から北日本を通って、日本の東へのびており、
3日は前線が東北地方をゆっくり南下し、前線上の低気圧が3日夕方に
かけて東北地方を通過する見込みです。
その後、前線は4日にかけて東日本を南下するでしょう。
前線や低気圧に向かって、台風第6号を起源とする暖かく湿った空気が
流れ込むため、東北地方と北陸地方では大気の状態が非常に不安定と
なるでしょう。
東北地方と北陸地方では、4日昼前にかけて雷を伴った非常に激しい
雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
4日6時までに予想される雨量は、多い所で、
・東北地方:180mm
・北陸地方:150mm
となっています。その後、5日6時までに予想される雨量は、多い所で、
・北陸地方:50から100mm
の見込みです。
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、
身の安全を確保するようにして下さい。

また、東日本、西日本では今日も気温が高い一日となる見込みです。
熱中症にご注意下さい。

TOPICS画像

2022/08/03 08:54

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和4年8月3日08時51分 気象庁発表

 3日08時47分ころ、地震がありました。
震源地は、福島県沖(北緯37.3度 東経141.3度 深さ 30km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.8と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 福島県中通り 福島県浜通り

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : いわき市 白河市 田村市 川俣町
〃 : 古殿町 福島広野町 楢葉町 川内村
〃 : 大熊町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2022/08/02 12:21

東北地方4日にかけて大雨警戒、 広い範囲で猛暑日 熱中症に注意


前線が日本海から北日本を通って、日本の東へのびています。前線上には低気圧があって、北海道付近を東進しています。現在、北海道や東北北部を中心に雨が降っており局地的に激しい雨となっています。きょうは、前線上の低気圧が北海道を通過し、前線がゆっくり南下する予想です。また、3日は別の低気圧が日本海中部で発生して、4日未明にかけて東北地方を通過するでしょう。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東北地方では大気の不安定な状態が続く見込みです。


<雨と雷の予想>
東北地方では、雷を伴って激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。3日は、日本海側では非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

2日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 東北日本海側 40ミリ
 東北太平洋側 40ミリ

3日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 東北日本海側 50ミリ
 東北太平洋側 40ミリ

2日6時から3日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 東北日本海側 80ミリ
 東北太平洋側 80ミリ

その後、3日6時から4日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 東北日本海側 100から200ミリ
 東北太平洋側 100から150ミリ


大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。


西日本から東日本では、晴れるところが多く、広い範囲で35℃以上の猛暑日となるでしょう。熊谷では41℃の予想です。
厳しい暑さが続きます。熱中症には十分お気を付けください。

TOPICS画像

2022/08/01 17:00

令和4年 台風第6号に関する情報


令和4年 台風第6号に関する情報 第12号
令和4年8月1日16時29分 気象庁発表

台風第6号は朝鮮半島にあって、北へ進んでいます。九州北部地方では、1日夜にかけて、強風や高波に注意してください。

[台風の現況と予想]
 台風第6号は、1日15時には朝鮮半島にあって、1時間におよそ35キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心の東側330キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
 台風は引き続き、朝鮮半島を北上し、1日夜までには熱帯低気圧に変わる見込みです。

[防災事項]
<強風・高波>
 九州北部地方では、1日夜にかけて強い風が吹き、海はうねりを伴って、しける所があるでしょう。
 1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
   九州北部地方       15メートル(25メートル)
 1日に予想される波の高さは、
   九州北部地方              4メートル
の見込みです。
 強風やうねりを伴った高波に注意してください。

TOPICS画像

2022/08/01 12:45

台風6号北上中、台風が北日本の前線を活発化


台風6号は、朝鮮半島の南を北上してしています。
南西諸島や九州には、
台風に向かう湿った空気が流れ込み、
所々で雨脚が強まっています。
一方、北日本には前線が停滞しています。
前線に向かって台風周辺の湿った空気が流れ込み
北海道や青森では大雨となっている所があります。

【北海道と東北北部は大雨に警戒】
今夜までに台風6号は、熱帯低気圧に変わる見込みです。
ただ、北日本の前線に向かっては
台風由来の非常に暖かく湿った空気が流れ込むため、
大気の状態が不安定になります。
北海道と東北北部は、あす(火)にかけて
激しい雨や雷雨となり、大雨となる所があるでしょう。
土砂災害や河川の増水などに警戒をしてください。

【九州〜東北南部は猛暑日に】
きょう・あすともに九州〜東北南部は晴れる所が多く、
日中は35℃を超える猛暑日となる所があるでしょう。
熱中症には十分お気を付けください。
また、午後は山沿いを中心に
雷雨の可能性がありますので、
天気の急変にご注意ください。

【週間予報】
北日本は4日(木)にかけて雨が続き、
長雨による大雨に注意・警戒が必要です。
4日(木)は、湿った空気が流れ込み、
東日本や西日本でも雨の降る所が多いでしょう。

TOPICS画像

2022/08/01 05:00

令和4年 台風第6号に関する情報


令和4年 台風第6号に関する情報 第7号
令和4年8月1日04時58分 気象庁発表

台風第6号は東シナ海を北へ進んでいます。九州や南西諸島では、1日夜遅くにかけて強風や高波に注意してください。

[台風の現況と予想]
 台風第6号は、1日3時には東シナ海にあって、1時間におよそ30キロの速さで北北西へ進んでいます。中心の気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の東側390キロ以内と西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
 台風はこの後も東シナ海を北へ進み、1日夜までには熱帯低気圧に変わる見込みです。

[防災事項]
<強風・高波>
 九州や南西諸島では、1日夜遅くにかけて強い風が吹き、海はうねりを伴いしけるでしょう。
 1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
   九州北部地方       18メートル(25メートル)
   九州南部・奄美地方    15メートル(25メートル)
 1日に予想される波の高さは、
   九州北部地方              5メートル
   九州南部・奄美地方           4メートル
の見込みです。
 強風やうねりを伴った高波に注意してください。

お知らせ

新着情報

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内