TOPICS

TOPICS画像

2024/06/15 17:50

あすは広範囲で大気の状態が不安定に 局地的な激しい雨や雷雨に注意


あす16日の朝までに日本海で低気圧が発生し北東に進む見込みです。この低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むとともに、北日本を中心に上空約5500メートルに、氷点下12℃以下の寒気が流れ込むでしょう。また、日中の気温の上昇の影響も加わり、西日本から北日本にかけての広い範囲で、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

画像

■防災事項
 西日本から北日本では、あす16日は、落雷、竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
 また、降ひょうのおそれがありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

TOPICS画像

2024/06/15 15:13

奄美地方 きょう夜にかけて土砂災害に厳重警戒


梅雨前線は、きょう15日は種子島・屋久島地方に停滞し、あす16日にかけて奄美地方へ南下する見込みです。この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州南部・奄美地方では大気の状態が非常に不安定となっています。

 このため、九州南部・奄美地方では、きょう15日夜のはじめ頃にかけて、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。奄美地方では、これまでの大雨で地盤が緩んでおり、土砂災害の危険度が非常に高くなっている所があります。また、九州南部・奄美地方では、あす16日にかけて局地的に積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれもあります。

【雨の実況】
降り始め(10日11時)からきょう15日10時までの降水量(アメダスによる速報値)
  鹿児島県(奄美地方除く)
    屋久島町小瀬田 148.5ミリ
    屋久島町尾之間 116.5ミリ
    南種子町上中  113.5ミリ
  奄美地方
    伊仙      384.0ミリ
    天城      355.5ミリ
    瀬戸内町古仁屋 305.0ミリ

画像

【雨の予想】
●予想される雨の量(多い所で)
・きょう15日に予想される1時間降水量は多い所で、
  鹿児島県(奄美地方を除く) 50ミリ
  奄美地方          50ミリ

・きょう15日12時からあす16日12時までに予想される24時間降水量は多い所で、
  鹿児島県(奄美地方を除く) 120ミリ
  奄美地方          150ミリ

【防災事項】
 厳重警戒:土砂災害
 警戒事項:低い土地の浸水、河川の増水や氾濫
 注意事項:落雷、竜巻などの激しい突風
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

TOPICS画像

2024/06/15 13:35

日本海側で気温が上昇 北陸では今年初の猛暑日に


日本付近の上空約1500メートルには昨日に引き続き+15℃以上の真夏の空気が流れ込んでいます。
日本海側では日差しが届いていることに加え、南よりの風によるフェーン現象が発生し、気温が上がっています。12時現在ですでに日本海側の地域では30℃以上の真夏日となっている地点が多くなっています。

新潟県魚沼市の小出では12時41分に35.1℃を観測し、北陸で今年初の猛暑日となりました。

一方、太平洋側は西日本や東海で雲が広がっており、昨日よりやや気温が低くなっているものの、大阪や名古屋では真夏日となっています。

画像

日本海側の地域では午後も更に気温が上がり真夏日が増える見込みです。
予想最高気温は、新潟で33℃、秋田・金沢・松江で32℃の予想です。お出かけの際はこまめな水分補給や休憩を意識し、熱中症対策をしっかりと行ってください。

TOPICS画像

2024/06/15 04:50

15日(土)の予想気温 日本海側はフェーンにより暑い休日に


15日(土)は、前線が北上し、九州南部や四国などの太平洋側では朝から雨の所があります。天気は午後にかけて西から下り坂となり、夜には関東でも雨の所がありそうです。

一方、日本海側では晴れる所が多く、最高気温が30℃以上の所が多くなりそうです。

画像

15日9時の気圧配置を見てみますと、日本の東海上にある高気圧が中国地方まで張り出しているのが示されています。高気圧からの南寄りの風が本州の山岳地帯を越え、日本海側ではフェーン現象により気温が高くなる見込みです。東北、北陸、中国地方の日本海側で30℃以上の真夏日となる見込みで、新潟県長岡市では35℃の猛暑となる予想です。

15日の日本海側の地域は、熱中症に十分注意が必要となる休日となりそうです。屋外で活動される方は、こまめな水分・塩分補給や休憩を心がけ、屋内で活動される場合でも冷房を使用するなどの熱中症対策を万全にしてください。

TOPICS画像

2024/06/14 20:31

九州南部・奄美地方 15日朝から夕方にかけて大雨の恐れ


梅雨前線は、奄美地方に停滞しており、15日にかけて九州南部付近へ北上する見込みです。この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州南部・奄美地方では大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
このため、九州南部・奄美地方では、15日明け方から15日夕方にかけて、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

画像

画像

■雨の予想
15日に予想される1時間降水量は多い所で、

鹿児島県(奄美地方を除く) 50ミリ
奄美地方 50ミリ

14日18時から15日18時までに予想される24時間降水量は多い所で、

鹿児島県(奄美地方を除く) 180ミリ
奄美地方 150ミリ

■防災事項
土砂災害に警戒してください。
また、低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風にもご注意ください。
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

TOPICS画像

2024/06/14 16:48

土日、梅雨前線が北上しても雨は一時的 近畿や関東の梅雨入りは来週末にずれ込むか


きょう14日(金)、沖縄で記録的な大雨をもたらしている梅雨前線が、
この土日は本州南岸まで北上する見込みです。

当初の予想では、15日(土)〜16日(日)は
梅雨前線に伴う雨雲が西日本や東日本の太平洋側に広くかかり、
九州北部や近畿など西日本では「梅雨入り」する可能性があると予想されていました。

画像

しかし、最新の予想を見てみると、梅雨前線に伴う雨雲は
西〜東日本の太平洋側のごく一部にしかかからない予想となりました。

雨が降っても一時的で、梅雨空が続く気配はありません。

さらに、週明けも前線に伴う雨雲が九州にかかっても、
近畿〜関東では、前線は南に離れた状態が続く見込みで、
晴れる所が多くなりそうです。

その後も、前線を押し上げる太平洋高気圧が北への張り出しが弱く、
来週半ばに前線が北上しても、雨が降るのは狭い範囲で、降る時間も短くなりそうです。

来週末に日本海に低気圧が進み、前線も北上して
ようやく梅雨入りとなる可能性がありますが、
今年は、記録的に遅い梅雨入りとなる可能性があります。

梅雨前線に伴う雨雲の予想は変わりやすいので、
雨の降るタイミングなどは最新の予報をご確認ください。

画像

また、遅い梅雨入りでも、梅雨の期間は短期集中型で大雨となることがあります。

大雨が降る前に、側溝の掃除をして水の流れをよくしておき、
ハザードマップで避難経路などを確認するなど、
雨への備えは早めにしておきましょう。

TOPICS画像

2024/06/14 15:51

天気と気温のまとめ(6月2日〜6月8日) 九州南部で梅雨入り発表 本州付近は大気不安定で東京で非常に激しい雨に


2024年6月2日〜8日にかけての天気と気温のまとめです。

■気圧配置の特徴
 2日、前線が日本の南に停滞。日本海には、上空に強い寒気を伴った低気圧があって東北東進。
 3日、前線がバシー海峡から日本のはるか東にかけてのび、前線上の先島諸島付近で熱帯低気圧から変わった温帯低気圧が東進した。
 4日、前線が日本の南海上から日本の東にかけてのび、日本の南海上の前線上には低気圧が二つあってそれぞれ東進した。
 5日、北海道付近には低気圧があり南東進。日本海から高気圧がゆっくり東進。
 6日、移動性高気圧が秋田沖から三陸沖へゆっくり移動。小笠原諸島には前線が停滞。
 7日、前線が日本の南海上にのび、前線上の低気圧が小笠原諸島を通過。日本の東海上に中心を持つ高気圧が東へ移動。
 8日、千島の東海上の高気圧が本州付近まで張り出した。東シナ海で低気圧が発生し、東北東進。

■降水
 2日、本州付近は大気の状態が不安定に。夕方は関東甲信を中心に雨雲が発達し、東京都羽田で50mm/hの非常に激しい雨が降った。
 3日、大気の不安定な状態が続き関東は午後から激しい雨や雷雨となった。東京都羽田で42.0mm/hの激しい雨を観測した。
4日、引き続き寒気の影響を受け東日本で大気の状態が不安定に。甲府盆地ではあられが降った。
 5日、北海道上空には寒気が流れ込み、不安定な天気となった。小笠原諸島は前線による雨。母島で15mm/hのやや強い雨が降った。
 6日、沖縄は湿った空気が流れ込み、強い雨を観測。九州は寒気の影響で大気の状態が不安定に。
 7日、東日本の内陸や山沿いで雷雨。岐阜県高山で6月の1位となる45.5mm/hの激しい雨を観測。
 8日、低気圧の影響で西から雨の範囲が広がり、四国や九州の一部で強い雨を観測。九州南部で梅雨入りが発表された。

■気温
 2日、上空の寒気の影響で気温は上がらず、夏日地点は3地点となった。南西諸島は暖湿気が流れ込み、先島諸島4地点で真夏日となった。
 3日、朝から日差しの届いた東海や西日本の太平洋側は夏日の所が多かったが北〜東日本は気温の上りは鈍かった。東京都心は24.3℃にとどまった。
 4日、関東甲信で前日より気温が上がり、夏日が続出した。東京都心は最高気温25.5℃を観測。3日ぶりの夏日となった。
 5日、本州付近は高気圧に覆われ日差しが届き、気温上昇。岐阜県4地点で真夏日となった。
 6日、関東から九州北部にかけて夏日に。東京都心は27.0℃を観測。蒸し暑い体感となった。
 7日、天気が回復した西日本や北海道で前日より気温が上昇。西日本の日本海側では山越えの風が吹いた所があり、真夏日の所があった。
 8日、日本上空には暖かい空気が流れ込み、気温上昇。大阪で今年初の真夏日を観測した。

画像

■今期間(6月2日〜6月8日)の天候のまとめ
 平均気温は、全国的に上空の寒気が流れ込みやすく、平年よりやや低い所が多くなった。沖縄は梅雨空が続き、雨が降りやすく、那覇では平年より2.1℃低かった。
 降水量は、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定となり、関東甲信や東北で発達した雨雲が発生。関東甲信では記録的な大雨となったところがあった。前橋では平年の2倍以上の雨が降った。一方、西日本では高気圧に覆われやすく、晴れの日が多くなった。
 日照時間は、西日本では高気圧に覆われやすく、太平洋側を中心に多くなった。また北海道も高気圧に覆われる日が多く、オホーツク海側を中心に多かった。梅雨空の続く沖縄は平年より日差しが乏しかった。

TOPICS画像

2024/06/14 13:26

沖縄本島 記録的短時間大雨情報 16日にかけて警報級の大雨の恐れ


きょう14日(金)、沖縄本島地方では、梅雨前線や前線に流れ込む湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定となっています。

画像

梅雨前線に伴う発達した雨雲がかかり続け、午前中に猛烈な雨が降った所があります。
沖縄本島中南部、本島北部に土砂災害警戒情報、南部に記録的短時間大雨情報を発表している市町村があります。
土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。
きょう14日(金)は、沖縄本島地方で警報の発表される地域が広がる恐れがあります。

また、大気の非常に不安定な状態は16日(日)にかけて続く見込みで、警報級の大雨となる恐れがあります。

■雨の実況
降り始め10日(月)0時〜きょう14日(金)10時までの降水量
(アメダスによる速報値)
  南城市糸数    381.0ミリ
  那覇市樋川    356.5ミリ

■雨の予想
きょう14日(金)に予想される1時間降水量(多い所)
  本島中南部 50ミリ
  本島北部  40ミリ
  久米島   40ミリ

あす15日(土)に予想される1時間降水量(多い所)
  本島中南部 30ミリ
  本島北部  30ミリ
  久米島   30ミリ

きょう14日(金)正午〜あす15日(土)正午までに予想される24時間降水量(多い所)
  本島中南部 100ミリ
  本島北部  100ミリ
  久米島   100ミリ

TOPICS画像

2024/06/14 13:26

関東は今年初の猛暑日に 東北から九州にかけて真夏日地点は200地点以上 午後は京都で猛暑日予想


日本付近の上空約1500メートル付近は+15℃以上の真夏の空気に覆われています。朝から各地で気温が上がっており、午前中で真夏日地点が200地点を超えています。
茨城県久慈郡大子町の大子では12時25分に35.1℃を観測し、関東では今年初の猛暑日となりました。

その他、12時時点で群馬県前橋市で34.9℃、群馬県高崎市上里見で34.4℃を観測するなど、最高気温上位10地点のうち5地点が群馬県となっています。

東京都心は午前11時に30℃を超え、今年2回目の真夏日となりました。

画像

午後も強い日差しのもと、気温はさらに上がる見通しで、東北〜九州にかけて真夏日の地点が増える見込みです。京都では35℃の猛暑日が予想されており、東京都心でも32℃予想と今年一番の暑さとなる所が多いでしょう。
屋外での活動に加え、室内での熱中症にも注意が必要となります。屋外ではこまめな水分補給や休憩を、室内では冷房の使用をするなど熱中症対策を万全にお過ごしください。

TOPICS画像

2024/06/14 10:50

記録的短時間大雨情報【沖縄県 沖縄本島地方】


沖縄本島地方記録的短時間大雨情報 第2号
令和6年6月14日10時46分 気象庁発表

10時40分沖縄県で記録的短時間大雨
南風原町付近で約110ミリ
八重瀬町東風平付近で約110ミリ
10時30分沖縄県で記録的短時間大雨
糸満市付近で約110ミリ

<警報・特別警報や避難情報を確認し、今後発表される防災情報や気象情報等にご留意下さい>


■記録的短時間大雨情報とは
数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析されたときに、気象庁から発表されます。
雨量基準を満たし、かつ、大雨警報発表中に、キキクル(危険度分布)の「危険」(紫)が出現している場合に、大雨を観測した観測点名や市町村などを明記して発表されます。
雨量基準は1時間雨量の歴代1位または2位の記録を参考に府県予報区ごとに決められています。

■記録的短時間大雨情報が発表された地域では
土砂災害や低い土地の浸水、洪水の発生に繋がるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。

TOPICS画像

2024/06/14 10:40

記録的短時間大雨情報【沖縄県 沖縄本島地方】


沖縄本島地方記録的短時間大雨情報 第1号
令和6年6月14日10時35分 気象庁発表

10時30分沖縄県で記録的短時間大雨
豊見城市付近で約110ミリ

<警報・特別警報や避難情報を確認し、今後発表される防災情報や気象情報等にご留意下さい>


■記録的短時間大雨情報とは
数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析されたときに、気象庁から発表されます。
雨量基準を満たし、かつ、大雨警報発表中に、キキクル(危険度分布)の「危険」(紫)が出現している場合に、大雨を観測した観測点名や市町村などを明記して発表されます。
雨量基準は1時間雨量の歴代1位または2位の記録を参考に府県予報区ごとに決められています。

■記録的短時間大雨情報が発表された地域では
土砂災害や低い土地の浸水、洪水の発生に繋がるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。

TOPICS画像

2024/06/14 08:54

7月〜8月並みの厳しい暑さ 京都は35℃の猛暑日予想


きょう14日(金)、高気圧に覆われて晴れる所が多いでしょう。平年よりもかなり気温が高くなり、予想最高気温は30℃以上の真夏日になる所が多くなりそうです。京都は35℃と猛暑日の予想で、関東も群馬県や埼玉県など内陸の地域を中心に35℃に迫る気温が予想されています。

東京都心も32℃(8月上旬並み)の予想で、今年一番の暑さとなる見込みです。きのう13日(木)に比べて気温が上がり、真夏のような暑さになりますので、熱中症に厳重に警戒して下さい。

画像

■主要都市の予想最高気温
札幌  24℃(7月上旬並み)
秋田  25℃(平年並み)
仙台  30℃(8月上旬並み)
東京  32℃(8月上旬並み)
名古屋 32℃(8月下旬並み)
大阪  32℃(7月中旬並み)
広島  31℃(7月中旬並み)
高知  30℃(7月上旬並み)
鹿児島 30℃(7月上旬並み)

沖縄や奄美は梅雨前線の影響で、雨が降りやすいでしょう。局地的に激しい雨や非常に激しい雨が降る恐れがあります。道路の浸水や土砂災害など引き続き警戒が必要です。

TOPICS画像

2024/06/14 05:16

沖縄 これまでの総雨量300mm以上 引き続き大雨に警戒


沖縄本島地方では、梅雨前線や前線に流れ込む湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定となっています。この状況は、あす(15日)にかけて続く見込みです。

画像

■これまでの雨量は?
降り始め(10日0時)からきょう(14日)4時までの降水量(アメダスによる速報値)
  南城市糸数    364.5ミリ
  渡嘉敷村渡嘉敷島 330.5ミリ
  那覇市樋川    311.0ミリ
  粟国空港     300.0ミリ
  久米島町謝名堂  289.5ミリ
  国頭村奥     273.0ミリ
  沖縄市胡屋    273.0ミリ
  那覇空港     273.0ミリ
  本部町謝花    268.5ミリ
  国頭村比地    265.5ミリ

■このあとの雨の予想は?
きょう(14日)に予想される1時間降水量(多い所で)
  本島中南部 30ミリ
  本島北部  30ミリ
  久米島   30ミリ

あす(15日)に予想される1時間降水量(多い所で)
  本島中南部 30ミリ
  本島北部  30ミリ
  久米島   30ミリ

きょう(14日)6時からあす(15日)6時までに予想される24時間降水量(多い所で)
  本島中南部 100ミリ
  本島北部  100ミリ
  久米島   100ミリ

現在雨は小康状態となっていますが、本島中南部と本島北部では、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があります。きょう(14日)夕方にかけて引き続き土砂災害に警戒してください。沖縄本島地方では、雨雲の発達の程度によっては、警報発表の地域が広がる可能性があります。また、あす(15日)にかけて雷や竜巻などの激しい突風に十分注意してください。

TOPICS画像

2024/06/13 19:19

九州南部など週末は警報級大雨の恐れ 前線の動向に注視


15日(土)、西から梅雨前線が北上する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで雨雲が発達するでしょう。

画像

前線の北上に伴い、奄美や九州南部は雷を伴い激しく雨が降り、大雨になるおそれがあります。

画像

気象庁の大雨に関する早期注意情報も15日(土)は九州南部や奄美、沖縄で警報級の可能性が【中】程度となっています。沖縄や奄美ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所があります。少しの雨でも土砂災害の発生するおそれがあり、週末も注意・警戒が必要です。

TOPICS画像

2024/06/13 17:05

1か月予報 全国的に高温傾向


きょう13日(木)、気象庁は1か月予報(6/15〜7/14)を発表しました。

この先は、太平洋高気圧が日本の南で強く、沖縄・奄美付近を覆いやすい見込みです。
一方、西日本を中心に前線や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。
また、上空約1500mの気温は、全国的に平年より高く、暖かい空気に覆われやすい見込みです。

画像

この先の気温は、暖かい空気に覆われやすいため、全国的に高くなる傾向です。
特に、東日本では、6月は気温がかなり高くなる見込みです。沖縄・奄美や北日本でも、6月は気温がかなり高くなる所があるでしょう。
「熱中症警戒アラート」が発表された際は、屋外での活動は控えてください。

この先の降水量は、西日本では前線や湿った空気の影響を受けやすい時期があるため、平年並みか多い見込みです。
西日本は梅雨入りが遅れていますが、油断せずに大雨への備えをお願いします。

この先の日照時間は、沖縄・奄美では、高気圧に覆われやすい時期があるため、平年並みか多いでしょう。

TOPICS画像

2024/06/13 15:07

あす再び「猛暑日」の可能性 遅い梅雨入り、北陸など10日間雨量0ミリの所も


きょう13日(木)も南西諸島から日本の南に梅雨前線が停滞しています。

太平洋側では、雲が広がり雨の降っている所がありますが、
日本海側は晴れて、日差しが届いています。

あす14日(金)は、本州付近は高気圧に覆われる見込みで、
きょう、雲の多い太平洋側も、あすは晴れて暑くなる所が多くなりそうです。

画像

あすの予想最高気温は、
福島・京都・豊岡(兵庫)など  34℃
大阪・長野・前橋・岡山など   33℃
東京・名古屋・山形・熊本など  32℃
盛岡・高松など         31℃
横浜・千葉など         30℃
の予想で、あすは九州から東北で30℃以上の真夏日となる所が多くなる見込みです。

福島や京都、豊岡など内陸部を中心に
35℃以上の猛暑日となる可能性があります。

まだ本格的な暑さに慣れていませんので、
こまめに水分をとるなど、暑さ対策を万全にしてお過ごしください。


また、今年は各地で梅雨入りが遅れていて、雨の量も少なくなっています。

画像

きのうまでの10日間の雨量(平年比)は、
山形 0ミリ(0%)
新潟 0ミリ(0%)
金沢 0ミリ(0%)
福井 0ミリ(0%)
となっており、本来、梅雨入りしている時期ですが、
東北南部や北陸を中心に今年は雨が全く降っていない状況です。


画像

この先の東〜北日本の週間予報を見てみると、
土日は、一旦梅雨前線が北上し、雨の降る所がありますが、
長くは続かず、週明け以降は再び晴れ間が出る日が多くなります。

関東や北陸、東北地方の梅雨入りは、来週後半にずれ込む可能性があります。

画像

一方、西日本〜南西諸島の週間予報を見てみると、
すでに梅雨入りしている九州南部や四国は
15日(土)以降、曇りや雨の日が多く、梅雨空が続く見込みです。

まだ梅雨入りしていない九州北部や中国地方、近畿地方も
15日(土)以降は雲が多くなるため、
早ければ土日の間に梅雨入りする可能性があります。

梅雨時期の雨の予想は、前線の位置で大きく変わります。
雨の降るタイミングなどは最新の予報をご確認ください。

お知らせ

新着情報

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験過去問・講座
  • Yahoo Weather shop
  • メルカリ Weather shop
  • BASE Weather shop

ご案内