TOPICS

TOPICS画像

2021/09/20 11:56

向こう1か月の天候の見通し(09/18〜10/17)


9月16日に気象庁は季節予報を発表しました。

【特に注意を要する事項】
・北日本では期間の前半に、沖縄・奄美では期間のはじめに気温が
かなり高くなる見込みです。
東・西日本では期間の前半に気温がかなり高くなる可能性があります。

【天候】
・北日本では、天気は数日の周期で変わるでしょう。東・西日本では、
天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べ晴れの日が多いで
しょう。沖縄・奄美では、天気は数日の周期で変わり、平年と同様に
晴れの日が多いでしょう。

【気温】
・平均気温は、北日本で高い確率50%、東日本で高い確率60%、
西日本と沖縄・奄美で高い確率70%です。

【降水量】
・降水量は、西日本で平年並または少ない確率ともに40%です。

【日照時間】
・日照時間は、東・西日本で平年並または多い確率ともに40%です。

※詳細はこちら

TOPICS画像

2021/09/19 19:11

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和3年9月19日19時07分 気象庁発表

19日19時04分ころ、地震がありました。
震源地は、岐阜県飛騨地方(北緯36.3度 東経137.6度 ごく浅い)
地震の規模(マグニチュード)は、4.6と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 岐阜県飛騨

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 高山市

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2021/09/19 19:09

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和3年9月19日19時07分 気象庁発表

19日19時04分ころ、地震がありました。
震源地は、岐阜県飛騨地方(北緯36.3度 東経137.6度 ごく浅い)
地震の規模(マグニチュード)は、4.6と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 岐阜県飛騨

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 高山市

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2021/09/19 17:25

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和3年9月19日17時22分 気象庁発表

19日17時18分ころ、地震がありました。
震源地は、岐阜県飛騨地方(北緯36.3度 東経137.6度 深さ 10km)
地震の規模(マグニチュード)は、5.0と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度4 : 岐阜県飛騨
震度3 : 長野県中部

[震度3以上が観測された市町村]
震度4 : 高山市
震度3 : 安曇野市 飛騨市

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2021/09/19 12:16

広い範囲で秋晴れ、天気は周期的な変化へ。週の半ば、天気崩れる。


北海道の南東海上には前線を伴う低気圧があって、北東へ進んでいます。
また、関東の南東海上にも低気圧があって南東に進んでいます。
一方、中国東北区や東シナ海には高気圧があって日本付近に広がってきています。

現在、北海道や東海から近畿地方の太平洋側で雲が広がり、一部では弱い雨の降っている所もありますが、
そのほかの地域で晴れている所が多くなっています。

今日は高気圧に覆われていくため広い範囲で晴れるでしょう。
東海は晴れる時間もありますが、雲が広がりやすく、にわか雨の所がある見込みです。
明日も高気圧に覆われ晴れる所が多いでしょう。
日中は気温も上昇し、今日明日は、西・東日本を中心に残暑が厳しい見込みです。

向こう一週間は、天気は周期的にかわり、22日(水)は全国的に天気の崩れる所が多い見込みです。
最高気温と最低気温は、北日本は期間の中頃まで平年並か平年より高い日が多く、その後は平年並か平年より低いでしょう。
東日本から沖縄・奄美にかけては、平年並か平年より高い日が多く、平年よりかなり高い日もあるでしょう。

TOPICS画像

2021/09/19 08:14

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和3年9月19日08時12分 気象庁発表

19日08時07分ころ、地震がありました。
震源地は、茨城県北部(北緯36.5度 東経140.6度 深さ 60km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.2と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 福島県中通り 茨城県北部 茨城県南部 栃木県南部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 矢祭町 水戸市 日立市 常陸太田市
〃 : 笠間市 常陸大宮市 筑西市 桜川市
〃 : 城里町 東海村 大子町 市貝町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2021/09/18 17:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第122号
令和3年9月18日16時27分 気象庁発表

台風第14号は温帯低気圧に変わりましたが、関東甲信地方では、19日明け方にかけて大雨となる所がある見込みです。土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

[台風の現況と予想]
 台風第14号は、18日15時に東海道沖で温帯低気圧に変わりました。台風から変わった低気圧は、19日にかけて伊豆諸島付近を通過するでしょう。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 関東甲信地方では、台風から変わった低気圧から流れ込む暖かく湿った空気や、北から南下する前線の影響で、19日明け方にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る所があるでしょう。
 19日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  関東甲信地方  120ミリ
 の見込みです。
 土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

<強風・高波>
 19日にかけて、東日本では海上を中心に強い風が吹き、うねりを伴ってしけとなる所があるでしょう。
 強風やうねりを伴った高波に注意してください。

TOPICS画像

2021/09/18 12:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第118号
令和3年9月18日11時20分 気象庁発表

台風第14号は東海道沖を東へ進み、18日午後には温帯低気圧に変わる見込みです。東日本太平洋側では、19日午前中にかけて大雨となる所がある見込みです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。西日本や東日本では、強風やうねりを伴った高波に注意してください。

[台風の現況と予想]
 台風第14号は、18日10時には、鳥羽市付近にあって、1時間におよそ40キロの速さで東へ進んでいます。中心の気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。また、
前線が東海地方から日本の南へのびています。
 台風は東海道沖を東へ進み、18日午後には東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みです。その後、低気圧は19日にかけて伊豆諸島付近を通過するでしょう。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 東日本太平洋側では激しい雨の降っている所があります。
 台風や台風から変わる低気圧、および前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東日本太平洋側では、19日午前中にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。
 19日12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  関東甲信地方        150ミリ
  東海地方           80ミリ
 の見込みです。
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、
落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づ
く兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

<強風・高波>
 台風第14号の影響により、18日は西日本と東日本では海上を中心に強い風が吹き、うねりを伴ってしけとなる所があるでしょう。
 18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  近畿地方、東海地方、関東甲信地方 18メートル(25メートル)
 18日に予想される波の高さは、
  近畿地方              5メートル
  東海地方、関東甲信地方       4メートル
の見込みです。
 強風やうねりを伴った高波に注意してください。

TOPICS画像

2021/09/18 11:58

台風14号 土砂災害、低地の浸水、河川増水や氾濫に警戒


台風14号は三重県鳥羽市付近を東へ進んでいて、中心気圧は1000hPaで
最大瞬間風速は25m/sとなっています。また、前線が東海地方から日本の南にのびています。
東海から関東地方の太平洋側では、激しい雨の降っている所があり、沿岸部を中心に風も強まっています。北日本や北陸でも広範囲で雨が降っています。台風14号はこの後、東海道沖を東へ進み、18日午後には温帯低気圧となる見込みです。その後、低気圧は19日にかけて伊豆諸島付近を通過するでしょう。

台風や台風から変わる低気圧、および前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東日本太平洋側では、19日午前中にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。

○19日12時までの24時間に予想される雨量(多い所)
  関東甲信地方        150ミリ
  東海地方           80ミリ

○18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
  近畿地方、東海地方、関東甲信地方 18メートル(25メートル)

○18日に予想される波の高さ
  近畿地方              5メートル
  東海地方、関東甲信地方       4メートル


土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
西日本や東日本では、強風やうねりを伴った高波に注意してください。

TOPICS画像

2021/09/18 07:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第112号
令和3年9月18日06時24分 気象庁発表

台風第14号の中心は、18日6時過ぎに和歌山県有田市付近に上陸しました。

TOPICS画像

2021/09/18 06:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第110号
令和3年9月18日05時00分 気象庁発表

台風第14号は18日朝にかけて近畿地方へ進み、18日夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みです。西日本では18日午前中にかけて、東日本では19日午前中にかけて大雨となる所がある見込みです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。西日本や東日本では、強風やうねりを伴った高波に注意・警戒してください。

[台風の現況と予想]
 台風第14号は、18日4時には徳島市の南西約30キロにあって、1時間におよそ35キロの速さで東へ進んでいます。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっています。また、前線が東海地方から日本の南へのびています。
 台風は18日朝にかけて近畿地方へ進み、18日夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みです。その後、低気圧は19日にかけて伊豆諸島付近を通過するでしょう。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 近畿地方や東海地方では、非常に激しい雨の降っている所があります。台風や台風から変わった低気圧、および前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本では18日午前中にかけて、東日本では19日午前中にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。

 19日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  東海地方          250ミリ
  関東甲信地方        180ミリ
  近畿地方           80ミリ
 の見込みです。
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、
落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づ
く兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

<強風・高波>
 台風第14号の影響により、18日は西日本から東日本では海上を中心に非常に強い風が吹き、うねりを伴ってしけとなる所があるでしょう。

 18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  四国地方、近畿地方、東海地方
                  20メートル(30メートル)
 18日に予想される波の高さは、
  近畿地方             5メートル
  四国地方、東海地方、関東甲信地方 4メートル
の見込みです。
 強風やうねりを伴った高波に注意・警戒してください。

TOPICS画像

2021/09/18 05:26

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和3年9月18日05時24分 気象庁発表

18日05時21分ころ、地震がありました。
震源地は、宮城県沖(北緯38.2度 東経141.6度 深さ 50km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.1と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 宮城県中部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 石巻市

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2021/09/18 01:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第104号
令和3年9月18日00時22分 気象庁発表

台風第14号の中心は、18日0時過ぎに愛媛県松山市付近に上陸しました。

TOPICS画像

2021/09/18 00:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第102号
令和3年9月17日23時16分 気象庁発表

台風第14号は、17日19時前に福岡県福津市付近に上陸し、18日未明には四国地方に上陸する見込みです。西日本では18日にかけて暴風、高波に警戒してください。また、西日本から東日本では、18日にかけて大雨となる所がある見込みです。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

[台風の現況と予想]
 台風第14号は、17日22時には防府市の南東約40キロにあって、1時間におよそ30キロの速さで東へ進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっています。また、前線が西日本から日本の南へのびています。
 台風は17日19時前に福岡県福津市付近に上陸した後、瀬戸内海を東へ進んでおり、18日未明には四国地方に上陸する見込みです。18日は西日本から東日本を東進し、18日夜には温帯低気圧に変わり、19日朝には伊豆諸島付近に進むでしょう。

[防災事項]
<暴風・強風・高波>
 台風第14号の影響により、西日本では18日にかけて、東日本では18日は非常に強い風が吹き、うねりを伴ってしけとなる所があるでしょう。

 18日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  四国地方、中国地方、近畿地方
                23メートル(35メートル)
  九州北部地方、東海地方   20メートル(30メートル)
 18日にかけて予想される波の高さは、
  九州北部地方、四国地方、近畿地方、東海地方 5メートル
の見込みです。

 暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。

<大雨・雷・突風>
 台風第14号や台風から変わった低気圧、および前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる所があるでしょう。西日本や東日本では、18日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、
大雨となる所がある見込みです。

 19日0時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  東海地方              250ミリ
  四国地方、近畿地方、関東甲信地方  200ミリ
 の見込みです。

 土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

TOPICS画像

2021/09/17 19:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第97号
令和3年9月17日18時56分 気象庁発表

台風第14号の中心は、17日19時前に福岡県福津市付近に上陸しました。

TOPICS画像

2021/09/17 18:00

令和3年 台風第14号に関する情報


令和3年 台風第14号に関する情報 第94号
令和3年9月17日17時02分 気象庁発表

台風第14号は、17日夜のはじめ頃にかけて九州北部地方に上陸する見込みです。西日本では、18日にかけて高潮に厳重に警戒し、暴風、高波に警戒してください。また、西日本から東日本では、18日にかけて大雨となる所がある見込みです。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

[台風の現況と予想]
 台風第14号は、17日16時には壱岐市付近にあって、1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでいます。中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっています。また、前線が西日本から日本の南へのびています。
 台風は、対馬海峡を東寄りに進み、17日夜のはじめ頃にかけて九州北部地方に上陸する見込みです。その後、18日は西日本から東日本を東進し、18日夜には温帯低気圧に変わる見込みで、19日朝には伊豆諸島付近に進むでしょう。

[防災事項]
<暴風・強風・高波>
 台風第14号の影響により、西日本では18日にかけて、東日本では18日は非常に強い風が吹き、うねりを伴って大しけとなる所があるでしょう。


 18日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  九州北部地方           25メートル(35メートル)
  四国地方、中国地方、近畿地方   23メートル(35メートル)
  九州南部、東海地方        20メートル(30メートル)
 18日にかけて予想される波の高さは、
  九州北部地方              6メートル
  九州南部、四国地方、近畿地方、東海地方 5メートル
の見込みです。

 暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。

<大雨・雷・突風>
 台風第14号や台風から変わった低気圧、および前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる所があるでしょう。西日本では17日を中心に、東日本では18日を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。普段雨が少ない地域でも雨量が多くなるおそれがあります。

 18日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  四国地方         300ミリ
  東海地方         250ミリ
  近畿地方、関東甲信地方  200ミリ
  中国地方         150ミリ
  九州北部地方       120ミリ
  九州南部、北陸地方    100ミリ
 その後、19日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  東海地方、関東甲信地方  100から150ミリ
の見込みです。

 土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

<高潮>
 西日本では、潮位が高い時期と台風の接近が重なるため、高潮のおそれがあります。18日はじめにかけて高潮に厳重に警戒してください。

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加