地方気象情報

        
暴風雪と高波に関する北海道地方気象情報 第4号
令和元年12月12日11時00分 札幌管区気象台発表

北海道地方では、13日明け方にかけて猛ふぶきや吹きだまりによる交通障
害、暴風に警戒してください。また、13日夕方にかけて高波に警戒してく
ださい。

<気象概況>
 サハリン付近に発達中の低気圧があって、前線が北海道を通過中です。低
気圧は12日夜にかけてオホーツク海で更に発達し、13日夜にかけて千島
の東へ進む見込みです。このため北海道付近は、13日にかけて強い冬型の
気圧配置となるでしょう。

<防災事項>
 前線の通過した日本海側を中心に、西の風が雪を伴って強く吹き始めてい
ます。
 北海道地方では、13日明け方にかけて西の風が雪を伴い非常に強く、海
は13日夕方にかけて大しけとなる見込みです。猛ふぶきや吹きだまりによ
る交通障害、暴風や高波に警戒してください。

<風の予想>
13日にかけての最大風速(最大瞬間風速) 西の風
 日本海側と太平洋側 陸上 20メートル(35メートル)
           海上 25メートル(35メートル)
 オホーツク海側   陸上 15メートル(30メートル)
           海上 25メートル(35メートル)

<波の予想>
13日にかけての波の高さ
 オホーツク海側南部、太平洋側東部 7メートル
 その他の地域           6メートル

<雪の予想>
12日12時から13日12時までの24時間降雪量
 日本海側の多い所 40センチ

 今後、地元気象台や測候所の発表する防災気象情報に留意してください。
 この情報は、「暴風雪と高波及び雷に関する北海道地方気象情報 第3号」
を引き継ぐものです。
 次の北海道地方気象情報は、12日16時頃に発表する予定です。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加