地方気象情報

        
暴風と高波に関する北海道地方気象情報 第7号
令和元年6月17日10時35分 札幌管区気象台発表

北海道地方では風や波のピークは過ぎましたが、18日朝にかけて強風や高
波に注意してください。

<気象概況>
 千島近海には低気圧があって、北東に進んでいます。このため、北海道地
方では、18日朝にかけて気圧の傾きの大きい状態が続く見込みです。

<防災事項>
 北海道地方では、18日朝にかけて西または北西の風が強く、海はしける
でしょう。強風や高波に注意してください。

<風の予想>
 18日朝にかけての最大風速(最大瞬間風速)
  オホーツク海側と太平洋側 西または北西の風
    海上 18メートル(30メートル)
    陸上 15メートル(30メートル)
  日本海側 北または北西の風
    海上 15メートル(25メートル)
    陸上 15メートル(30メートル)

<波の予想>
 18日朝にかけての波の高さ
  オホーツク海側と太平洋側 4メートル
  日本海側         3メートル

<風の実況>
 16日12時から17日10時までの最大瞬間風速と最大風速
 (アメダスによる速報値 単位:メートル)
 宗谷地方
  稚内市開運
   最大瞬間風速 23.8  北東 16日17時30分
     最大風速 18.9  北東 16日15時01分
  (1938年の統計開始以来、6月の最大風速の1位を更新)

<お知らせ>
 平成30年北海道胆振東部地震で揺れの大きかった市町では、大雨警報・
注意報の土壌雨量指数基準を通常より引き下げた暫定基準で運用しています。

 引き続き、地元気象台や測候所の発表する防災気象情報に留意願います。
 北海道地方気象情報は、これで終了します。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加