地方天候情報

        
日照不足に関する北海道地方気象情報 第1号
令和2年6月29日15時10分 札幌管区気象台発表

北海道地方では、6月15日頃から、日照時間の少ない状態が続いています。
この状態は、今後10日間程度は続く見込みです。農作物の管理等に十分
注意してください。

<概況>
北海道地方では、6月15日頃から低気圧や湿った気流の影響で、日照時間
の少ない状態が続いており、平年の20%を下回っている所があります。


<今後の見通し>
今後10日間程度は低気圧や湿った気流の影響を受けやすく、日照時間の少
ない状態が続く見込みです。

<防災事項>
農作物の管理等に十分注意してください。


<気象官署及び特別地域気象観測所> 
日照時間(6月15日から6月28日まで)(速報値)

         日照時間の合計と平年比(%)
 帯広‐‐‐‐‐‐ 6.8 (10)
 北見枝幸‐‐‐‐ 8.8 (13)
 雄武‐‐‐‐‐‐ 10.0 (15)
 紋別‐‐‐‐‐‐ 14.0 (19)
 広尾‐‐‐‐‐‐ 10.5 (19)
 網走‐‐‐‐‐‐ 19.2 (23)
 岩見沢‐‐‐‐‐ 21.6 (26)
 小樽‐‐‐‐‐‐ 25.1 (30)
 寿都‐‐‐‐‐‐ 24.9 (30)
 倶知安‐‐‐‐‐ 24.8 (30)
 稚内‐‐‐‐‐‐ 25.3 (33)
 旭川‐‐‐‐‐‐ 32.6 (37)
 留萌‐‐‐‐‐‐ 32.1 (37)
 札幌‐‐‐‐‐‐ 34.5 (40)
 釧路‐‐‐‐‐‐ 23.9 (40)
 根室‐‐‐‐‐‐ 26.9 (44)
 苫小牧‐‐‐‐‐ 25.2 (45)
 羽幌‐‐‐‐‐‐ 43.8 (49)
 函館‐‐‐‐‐‐ 46.0 (60)
 浦河‐‐‐‐‐‐ 39.4 (61)
 室蘭‐‐‐‐‐‐ 46.2 (66)
 江差‐‐‐‐‐‐ 63.7 (85)

今後の気象情報等に留意してください。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加