TOPICS

TOPICS画像

2018/06/24 12:50

九州南部・奄美地方、引き続き大雨、土砂災害警戒


日本の南には梅雨前線が東西にのびています。

梅雨前線は、24日昼過ぎにかけて活発な活動が続く見込みです。
この影響で、九州南部・奄美地方では24日昼過ぎにかけて局地的に
雷を伴い、1時間に30ミリの激しい雨が降る所があるでしょう。

九州南部・奄美地方ではこれまでの大雨で地盤の緩んでいる所が
あり、土砂災害の発生する恐れがあります。
また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

<雨の実況>
6月18日22時から24日11時までの総降水量(アメダス速報値)
鹿児島県(奄美地方を除く)
 屋久島町小瀬田    773.5ミリ
 南種子町上中     642.5ミリ
 屋久島町尾之間    634.0ミリ

6月20日12時から24日11時までの総降水量(アメダス速報値)
奄美地方(鹿児島県)
 十島村平島     599.5ミリ
 十島村中之島    552.5ミリ
 十島村諏訪之瀬島  413.5ミリ
 
<防災上の警戒・注意事項>
警戒事項:土砂災害
注意事項:落雷や竜巻などの激しい突風
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全
確保に努めてください。

TOPICS画像

2018/06/23 12:33

九州南部・奄美地方、土砂災害に警戒


本州南岸から九州を通り東シナ海には梅雨前線が東西に延びています。

梅雨前線は24日にかけて九州南部に停滞する見込みです。

九州南部、奄美地方では、大雨警報の発表されている所があります。
これまでの大雨で地盤の緩んでいる所がありますので、24日にかけて土砂災害に警戒が必要です。
また、落雷や竜巻などの激しい突風の恐れもありますのでご注意下さい。

<雨の実況>
6月18日22時から23日11時までの総降水量(アメダス速報値)
鹿児島県(奄美地方を除く)
 屋久島町小瀬田  613.0ミリ
 南種子町上中   504.5ミリ
 屋久島町尾之間  483.5ミリ

6月20日12時から23日11時までの総降水量(アメダス速報値)
奄美地方(鹿児島県)
 十島村平島     564.0ミリ
 十島村中之島    448.5ミリ
 十島村諏訪之瀬島  354.0ミリ

<雨の予想>
23日12時から24日12時までの予想降水量(多い所)
 1時間降水量
  鹿児島県(奄美地方を除く)  40ミリ
  奄美地方           40ミリ
 24時間降水量
  鹿児島県(奄美地方を除く) 150ミリ
  奄美地方          120ミリ

<防災上の警戒・注意事項>
警戒事項:土砂災害
注意事項:低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

TOPICS画像

2018/06/23 12:06

沖縄地方、梅雨明け


今日(23日)、気象庁より沖縄地方の梅雨明けが発表されました。
これは、平年と同じで、昨年より1日遅い梅雨明けとなります。

■参考事項
 平年の梅雨明け 6月23日ごろ
 昨年の梅雨明け 6月22日ごろ

 梅雨期間降水量(5月8日から6月22日まで)(速報値)
 (気象官署及び特別地域気象観測所)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
与那国島        362.5  301.0
石垣島         265.5  357.5
宮古島         219.5  326.9
久米島         302.5  456.2
那覇          215.0  405.9

 梅雨期間降水量(5月8日から6月22日まで)(速報値)
 (アメダス)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
奥           728.5  490.5
下地          186.5  335.0
大原          263.0※ 324.4
※:欠測を含みます。

TOPICS画像

2018/06/22 19:04

週末 九州南部・奄美で再び大雨警戒


きょう(22日)は、梅雨に入っている九州から東北にかけての広い地域で梅雨の中休みとなりましたが、あす(23日)の土曜日は、一転して梅雨空に逆戻りです。また、週明けは、太平洋高気圧の強まりと共に、前線が北に押し上げられそうです。

■この先の天気のポイント
(週末)
 ・土曜は西・東日本で梅雨空に
 ・九州南部と奄美で再び大雨 土砂災害に警戒を
 ・日曜は西日本と日本海側で晴天

(週明け)
 ・太平洋高気圧が強まり、沖縄は梅雨明け間近に
 ・西日本と東日本の太平洋側で真夏の陽気に
 ・前線北上で北日本は大雨注意

この週末は、梅雨前線が停滞する西・東日本の太平洋側を中心に雨となり、活発な雨雲が掛かる九州南部や奄美地方で、再び大雨の恐れがあります。予想される雨量は、あす夕方までに九州南部で250ミリ、奄美で200ミリとなっています。

この雨は、あさっての日曜日、さらには週明けの月曜日まで持続するため、週明けまでの総雨量が、400ミリを超える恐れがあります。大雨による土砂災害に引き続き厳重な警戒が必要です。

週明けは、日本の南海上で太平洋高気圧の張り出しが強まる予想です。沖縄地方の梅雨明けが間近となり、こちらは夏本番に突入です。

そして、太平洋高気圧の張り出しと共に、前線が一気に日本海まで押し上げられそうです。水曜日は西・東日本でも、真夏のような陽気となる見込みで、気温も30度を超える所が多く、熱中症にはご注意ください。

ただ、前線が掛かってくる北日本では広く雨となる見込みです。東北や北海道は大雨にご注意ください。

TOPICS画像

2018/06/22 14:29

十島村 500ミリ以上の大雨 土砂災害に厳重警戒


 梅雨前線が停滞している影響で、鹿児島県の種子島・屋久島地方や奄美地方は活発な雨雲の通り道となっています。鹿児島県十島村平島ではきょう(22日)14時までの48時間に521ミリの大雨となっています。また、中之島は407.5ミリ、尾之間は381.5ミリと6月1位の記録を更新しました。

 九州南部・奄美地方はこれまでの大雨により、土砂災害の危険度がかなり高くなっています。今後も湿った空気が流れ込み続けるため、さらに雨量は増えるでしょう。

 今後、予想されている雨量はあすの昼までに最大で200ミリです。
その後も梅雨前線が停滞するため、大雨が続くと予想されます。

 九州南部や奄美はあすにかけて土砂災害に厳重な警戒が必要です。
大雨による土砂災害や河川の増水や氾濫に警戒し、低地の浸水や落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

TOPICS画像

2018/06/22 10:33

爆発的噴火は4月5日以来 新燃岳


 きょう(22日)、9時過ぎに宮崎県と鹿児島県の県境にある新燃岳で爆発的噴火が発生。

 噴煙は火口縁上2600mまで上がり、東に流れました。弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口の中心から1100mまで達しました。この噴火により宮崎地方気象台で身体にわずかに感じる程度の空振を観測しました。
 
 新燃岳で噴火が発生したのは5月14日以来で、爆発的噴火が発生したのは4月5日以来です。

■防災上の警戒事項等
 
 弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね3kmまで、火砕流が概ね2kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね3kmの範囲では警戒してください。なお、火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続中です。

TOPICS画像

2018/06/21 19:13

1か月予報 北・東日本で高温傾向 沖縄・奄美は梅雨明け間近


気象庁は21日、最新の1か月予報を発表しました。(期間は6/23〜7/22)
気象庁によりますと、気温は北日本・東日本を中心に高温傾向になりそうです。

■北日本・東日本は、暖かい空気が流れ込みやすいため、向こう1か月の気温は高くなり、特に、北日本と東日本の日本海側(北陸)は、期間の前半はかなり高くなる可能性があります。西日本は、平年並みか高くなり、沖縄・奄美は平年並みの予想です。

■東日本の太平洋側(関東甲信・東海)〜西日本は前線や湿った空気の影響を受けにくいため、向こう1か月の日照時間は平年並みか多くなるでしょう。東日本の太平洋側は、降水量は平年並みか少ない見込みです。

【週別の天候は?】

■1週目(6/23〜6/29)
北・東・西日本は、平年と同様に曇りや雨の日が多くなるでしょう。
沖縄・奄美は、平年と同様に晴れる日が多くなりそうです。
沖縄の梅雨明けの平年日は6/23、奄美は6/29です。
この先は太平洋高気圧の張り出しが強まり、梅雨前線は北上する傾向が予想されます。まもなく、沖縄・奄美は梅雨明けの発表がありそうです。

■2週目(6/30〜7/6)
北日本は、前線や湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。東・西日本の日本海側も曇りや雨の日が多くなりそうです。
一方、東・西日本の太平洋側は、前線や湿った空気の影響を受けにくく、曇りや雨の日が少なくなるでしょう。沖縄・奄美は晴れの日が多い見込みです。

■3〜4週目(7/7〜7/20)
北日本は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。一方、東・西日本は、前線や湿った空気の影響を受けにくく、曇りや雨の日が少ない見込みです。今年の東・西日本の梅雨明けは平年に比べて早くなる可能性があります。沖縄・奄美は引き続き晴れの日が多いでしょう。

TOPICS画像

2018/06/21 11:55

あすまでの晴れ間有効に 土・日は再び梅雨空に


西・東日本の太平洋側に大雨をもたらせた梅雨前線に伴う雨雲は本州の南海上に離れました。きょう(木)〜あす(金)にかけては西・東日本は天気が回復し、日差しの届くところが多くなりそうです。

ただ、九州南部の種子島・屋久島地方には梅雨前線に伴う活発な雨雲がかかり、あす夕方にかけて、局地的に非常に激しく降るおそれがあります。奄美地方もあすの午前中にかけて、注意です。九州南部はすでに土砂災害の発生する危険度が高まっています。土砂災害に警戒し、水かさが増した河川などには絶対に近づかないようにしてください。

土〜日曜日にかけては、梅雨前線が再び本州付近に北上してきます。西・東日本には梅雨空が戻ってきて、雨の降るところが多くなるでしょう。週末は太平洋側を中心に大雨のおそれがあります。悪天が予想されるため、あすまでの日差しを有効にご利用ください。

TOPICS画像

2018/06/20 15:45

九州南部・奄美 あすも大雨に注意


あす(21日)も、九州南部・奄美地方に前線が停滞するため、大雨に注意が必要です。

九州北部〜関東にかけては、雨は午前中までに止み、天気は回復する予想です。肌寒かった東海〜東北地方は、あすは気温が上がり、30度近くまで気温が上がるところもあるため、熱中症に注意してください。

北海道〜東北北部は低気圧の影響で雲が多く、雨が降るでしょう。北海道の日本海側では、午後は急な雷にも注意してください。

■この先の週間天気
週末は前線が北上してきます。このため、西日本〜東日本は土曜日(23日)以降、雨の日が続く予想です。北日本は日差しの出る日が多いでしょう。

大阪では、土曜日になると天気が下り坂です。雨の降り方が強まる可能性もあります。一週間を通して気温の高い日が多くなりますから、こまめに水分補給をしたりして、熱中症対策を行ってください。

TOPICS画像

2018/06/20 13:02

この後も大雨による土砂災害に警戒を


今日は西日本〜東日本の太平洋側中心に活発な雨雲がかかり大雨となっています。九州地方では、24時間降水量が300ミリを超えているところもあり、土砂災害・低地の浸水・道路冠水に警戒が必要です。

■24時間降水量(20日正午現在)
 宮崎県えびの  332.0mm
 熊本県湯前横谷 320.5mm
 鹿児島県大口  319.5mm

この後も夕方にかけて、東海〜九州の太平洋側で活発な雨雲がかかり続ける予想で、大雨や落雷・突風に注意が必要です。また、関東地方の沿岸部でも雨の降り方が強まりそうです。

この雨雲は徐々に南下しますが、紀伊半島〜東海地方は夜遅くにかけても活発な雨雲がかかり大雨となるでしょう。

先日の大阪府北部の地震により、地盤の緩んでいる所があります。土砂災害には十分な注意が必要です。さらに、九州南部では、明日の朝にかけて前線が停滞するため、局地的に非常に激しい雨となる恐れがあります。

■明日朝にかけての予想降水量(多いところで)
 近畿         300mm
 四国・九州南部    200mm
 東海         160mm
 関東・伊豆諸島・奄美 150mm
 九州北部       120mm

TOPICS画像

2018/06/19 18:38

西日本 梅雨末期のような大雨に警戒


あす(20日)、西日本では、大きな地震のあった近畿地方も含め、大雨災害に対して厳重に警戒してください。今回は、久しぶりに梅雨前線が本州付近に現れたと思ったら、いきなり梅雨末期の頃のような大雨をもたらしそうです。

中でも、九州や四国、近畿南部では、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨、局地的には1時間に80ミリの猛烈な雨の降るおそれがあり、そのような雨が2〜3時間続いてしまうおそれもあります。多い所では、あす1日で250〜300ミリの予想です。

■大雨の時間帯
・九州北部  今夜遅く〜あす朝
・九州南部  今夜遅く〜あす昼過ぎ
・四国     あす明け方〜昼過ぎ
・近畿     あす明け方〜夕方
・東海     あす朝〜夜のはじめ頃
道路の冠水や低地の浸水、土砂災害、河川の増水などに警戒
落雷や突風に注意

■大阪や京都周辺
あす明け方〜昼前後は雨が激しく降り、雨量が多くなる予想。
地震ですでに地盤が緩んでいるところへの大雨となり、土砂災害や二次災害が非常に危険です。山や崖などの近くにお住いの方は、今日中に安全な場所へ避難してください。

TOPICS画像

2018/06/19 13:19

近畿であすは大雨 土砂災害に警戒


大きな地震のあった近畿地方で、あす(20日)は大雨となりそうです。
梅雨前線が北上する影響で、暖湿気が流入し、前線付近で雨雲が発達します。震源地となった大阪北部でも、あすは局地的に雨が激しく降り、雨量が多くなるでしょう。

大きな揺れで地盤の緩んでいるところがあります。少しの雨でも土砂災害などに警戒してください。山や崖の近くにお住まいの方は、きょうの明るいうちに、安全な場所へ避難しておきましょう。

■大阪府
雨のピークは、あすの明け方〜昼過ぎで、多い所では1時間に30ミリの激しい雨。午後は次第に降り方が弱まり、止み間もあるが、夜にかけても雨の降る所が…。
あす1日の予想雨量:多い所で、100〜150ミリ

■京都府
雨のピークは、あすの明け方〜昼前で、多い所では1時間に20〜30ミリ。
あすの午後は降り方が弱まり、いったん止むところもあるが、夜にかけてもにわか雨には注意。
あす1日の予想雨量:北部の多い所で、およそ100ミリ。
          南部の多い所で、100〜150ミリ。

■近畿南部ほど大雨
和歌山のあす1日の予想雨量:多い所で、200〜300ミリ。

あすは、蒸し暑い空気が入ります。
特に避難所などで生活されている方は、体調にもお気をつけください。

TOPICS画像

2018/06/18 14:17

梅雨前線 活動が本格的に


きょう(18日)は、本州の南海上を進む低気圧や上空の気圧の谷の影響を受けています。このため、梅雨のない北海道を含めて、全国的に雲が広がり、東海地方や伊豆諸島を中心に雨が降っています。

あす(19日)以降、梅雨前線が本州付近に停滞するようになり、前線の活動が本格化してきます。あすの火曜日、西日本や東海、北陸を中心に雨となる見込みです。特に、九州や四国の太平洋側では、強い雨に注意が必要です。

水曜日(20日)になると、前線が本州付近に横たわり、前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んできます。西・東日本は広範囲で雨となる見込みです。発達した雨雲が流れ込みやすい、九州から関東の沿岸部で雨量が多くなるでしょう。

木曜日(21日)から金曜日(22日)にかけては、梅雨前線がやや南下する予想です。九州南部を除いて、西・東日本では、雨の降り方が小康状態となってくるでしょう。ただ、北日本は別の気圧の谷が通過する影響で、東北の日本海側や北海道を中心に雨の所が多くなりそうです。

今週末になると、再び梅雨前線が北上してきます。西・東日本では、土曜日(23日)を中心に雨となる所が多く、太平洋側の地域では、まとまった雨に注意が必要です。

このように、今週は、西・東日本を中心に梅雨前線の影響を受けやすく、梅雨らしい天気となりそうです。傘の手放せない日が多くなるでしょう。

TOPICS画像

2018/06/17 12:46

台風6号 温帯低気圧へ


6月17日9時、台風6号は温帯低気圧に変わり、日本の南を東北東へ進んでいます。
沖縄地方や奄美地方では、激しい雨の降るおそれはなくなり、強風や高波の峠は超えました。

この温帯低気圧は、18日に西日本から東日本の太平洋側の沿岸に接近し、西日本から東日本の太平洋側を中心に、雷を伴って激しい雨が降り、局地的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨となる所がある見込みです。
また、18日にかけて、南西諸島から東日本の太平洋側の広い範囲で、風が強まり海はうねりを伴いしける所がある見込みです。

大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、強風や、うねりを伴った高波に注意してください。

TOPICS画像

2018/06/16 12:48

台風6号 明日昼前に最も沖縄地方に接近


台風6号は、那覇市の西約60kmにあって、東北東に
約30?/hの速度で進んでいます。
中心の気圧は992hPa、中心付近の最大風速は20メートル、
最大瞬間風速は30メートルで、中心の南東側390以内と
北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風は今後北東に進み、沖縄本島地方には16日夕方にかけて、
奄美地方には16日夜遅くから17日昼前にかけて、最も接近する
見込みです。

沖縄本島地方では、降り始め(13日12時)からの雨量が340ミリを
超えており、今後も雨が降る予想となっています。
17日6時までに予想される雨量は、多い所で
 ・沖縄地方:200ミリ
 ・奄美地方:200ミリ
の見込みです。

大雨による土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、
河川の増水や氾濫に警戒して下さい。

TOPICS画像

2018/06/15 17:35

台風6号 あす沖縄本島へ 大雨による災害に厳重警戒を


きょう(15日)に発生した台風6号は、午後3時には台湾を通過し、先島諸島の与那国島から南南西に200km離れたところにあり、1時間におよそ10kmという非常に遅い速度で、東へ進んでいます。

今後、台風6号は東北東へ進み、今夜には先島諸島に、あす(16日)には沖縄本島地方や奄美地方に接近するでしょう。梅雨前線はあすにかけても南西諸島に停滞するため、梅雨前線+台風6号によって、かなりの大雨となりそうです。

これまで沖縄本島地方は、降り始めからの雨量が300ミリを超えているところがあります。土砂災害の危険度が高まっており、いつ災害が起きてもおかしくない状況です。

あす夕方までに予想されている雨量は、多いところで、
沖縄本島地方は250ミリ、奄美地方は200ミリです。

また、あさって(17日)までにはさらに雨量が予想されており、多いところでは50〜100ミリの雨が見込まれています。

予想される雨量がもし降ってしまうと、600ミリ超の恐れもあります。
この週末は大雨による土砂災害、河川の増水や氾濫、低地の浸水など災害に巻き込まれないように気をつけてお過ごしください。また落雷や竜巻などの激しい突風、沿岸付近は高波にも注意・警戒が必要です。

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加