TOPICS

TOPICS画像

2020/04/02 00:38

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和2年4月2日00時37分 気象庁発表

 2日00時33分ころ、地震がありました。
震源地は、千葉県東方沖(北緯35.7度 東経140.9度 深さ 10km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.2と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 千葉県北東部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 銚子市

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2020/04/01 15:05

明日は全国的に風強く


日本の南の海上にある低気圧は、発達しながら東の海上に進む見込みです。
このため、北日本を中心に強が強まりそうです。

■明日の天気
沖縄は晴れるでしょう。山陰や近畿地方、北陸地方では午前中を中心に雨で、雷雨の所もありそうです。
西日本から東日本の太平洋側では日差しが出て気温も上がる見込みです。ただ、北寄りの風を伴うため、数字ほど暖かくは感じないかもしれません。
東北〜北海道の太平洋側は午前中を中心に雨で東北の太平洋側では暴風となりそうです。

■週間天気予報
週末にかけ、西日本〜関東地方は日差しの出る日が続きます。
ただ、北海道は、低気圧が発達しながら通過する5日の日曜日は荒れた天気となり、海上ではしける所があるでしょう。このところ、気温の高い日が続いていた札幌も、日曜日の予想最高気温は4℃と、3月中旬頃の気温に逆戻りしそうです。

TOPICS画像

2020/04/01 11:14

全国的に暖かい3月 4月は北日本でかなり高い


今日から4月がスタートしますが、先月30日間の平均気温を見ると、全国的に平年より気温が高く、特に、北日本や関東甲信越では平年より2℃以上高くなったことが確認できます。

3月は、本州付近を前線や低気圧が次々と通過し、南から暖かい空気が流れ込んだことが要因で、平年より気温が高くなったと考えられます。

■3/2〜3/31の平均気温(平年差)
札幌   3.5℃(+2.7℃)
仙台   7.5℃(+2.5℃)
東京  10.7℃(+1.9℃)
名古屋 10.7℃(+1.9℃)
大阪  11.4℃(+1.9℃)
高知  12.3℃(+1.4℃)
福岡  12.4℃(+2.0℃)
那覇  20.0℃(+1.0℃)

先週、気象庁から発表された1か月予報によると、4月は全国的に気温が平年並みか高い傾向となる予想です。特に、北日本では上空の偏西風が平年より北を通ると予想され、暖かい空気に覆われやすく、期間のはじめを中心に平年より気温がかなり高くなりそうです。

TOPICS画像

2020/03/31 20:30

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和2年3月31日20時27分 気象庁発表

31日20時24分ころ、地震がありました。
震源地は、茨城県沖(北緯36.4度 東経141.0度 深さ 50km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.5と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 茨城県北部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 水戸市 日立市 高萩市 北茨城市
〃 : 大子町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2020/03/31 16:03

あす 西・東日本で荒れた天気に注意


あす(1日)は、前線を伴う低気圧が発達しながら本州の南岸を進む予想です。このため、西から天気が崩れ、全国的に雨が降りそうです。西・東日本の太平洋側を中心に、短時間の強い雨や、落雷・突風に注意してください。

あす午前は、西日本中心に雨が降るでしょう。特に、中国・四国・東海では、海上から暖かく湿った空気が入るため、雨が強まる時間帯がありそうです。

また、低気圧本体に先行する降水域が関東付近にかかり、関東から東北では、しとしとと弱い雨が降る所もあるでしょう。

あす日中は、低気圧が紀伊半島に進み、近畿から東北にかけて、雨は午前より強まりそうです。九州では、低気圧が遠ざかり雨がやんでくるでしょう。

あす夜は、低気圧が東海の沿岸に進み、北陸・東海・関東で本降りの雨となるでしょう。西日本は、雨がやむ所が多くなる見込みです。

TOPICS画像

2020/03/30 17:20

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和2年3月30日17時18分 気象庁発表

30日17時15分ころ、地震がありました。
震源地は、千葉県東方沖(北緯35.4度 東経140.4度 深さ 30km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.1と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 千葉県北東部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 睦沢町 長南町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2020/03/30 15:49

関東 真冬の寒さから一転 気温上昇


きのう29日(日)は、桜が見頃を迎える中、関東で雪が降りました。本州南岸を進む低気圧が北の寒気を呼び込み、急激に気温が下がりました。東京都心では、きのうの正午は0.9℃と1月下旬並みの厳しい寒さとなりました。

きょう30日(月)は、関東は日本海の高気圧から吹き出す北東風の影響で、湿った空気が入り、雲が広がっています。しかし、気温は上昇し、東京都心で、きょうの正午は9.8℃と平年よりも低いものの、前日と比べ約9℃高くなりました。関東のその他の地点も、きのうの正午より10℃近く気温が上がりました。

あす31日(火)は、関東ではきょうと同様に雲が広がりやすいものの、日差しの出る時間もありそうです。きょうと比べ、更に気温が上がるでしょう。あす、東京の予想最高気温は17℃とこの時期らしい過ごしやすい暖かさが戻ってきそうです。関東各地で、日中の予想最高気温は15℃以上の所が多くなるでしょう。

TOPICS画像

2020/03/29 16:07

東京都心で積雪1cm 山沿いでは路面凍結に注意


東京では3月22日(日)にソメイヨシノの満開の発表があり、桜が見頃を迎えていますが、そんな中、今日29日(日)は本州南岸を低気圧が進んだ影響で、関東の平野部でも雪が降りました。

昨夜から関東甲信越の山沿いを中心に雪が降り始め、今日の午前中にかけて雪のエリアが南下。関東南部の平地でも昼前から雪が降り、東京都心では正午現在で1cmの積雪を観測。また、最深積雪が長野県菅平で30cm、群馬県草津や栃木県奥日光で23cmに達するなど、大雪となった所もありました。

■今日29日(日)の最深積雪(午後3時現在まで)
東京都  東京   1cm(13:00)
神奈川県 横浜   1cm(13:00)
埼玉県  秩父   6cm(12:00)
群馬県  草津  23cm(12:00)
栃木県  奥日光 23cm(13:00)
長野県  菅平  30cm(13:00)
山梨県  河口湖 16cm(12:00)

今夜には、前線を伴った低気圧は関東の東へ離れる見込みです。関東甲信越や東北南部の雪は夕方には止み、天気は回復傾向となるでしょう。ただ、夜から明日の朝は内陸を中心に冷え込みが強まるため、山沿いなどの道路では積雪が残り、また、路面凍結の恐れもあります。外出時は路面状況に注意をして下さい。

明日30日(月)は、本州付近は日本海に中心を持つ高気圧に覆われます。北日本は各地でスッキリ晴れる予想です。一方、東〜西日本は湿った東寄りの風が吹き込む影響で、太平洋側を中心に雲が広がりやすく、雨の降る所がありそうです。

TOPICS画像

2020/03/28 16:29

明日は関東平野部でも雪 積雪に注意


関東では各地で桜が咲き進む中、明日29日(日)は山沿いを中心に積雪となり、平野部でも雪の降る所がありそうです。

今日28日(土)は、前線を伴った低気圧がオホーツク海へと進み、そこから延びる前線が本州の南岸にかけて延びています。今夜になると、四国沖の前線上に低気圧が発生し、明日にかけて本州の南を東進する予想です。

今日16時現在、関東の一部で降っている雨も、今夜になると広い範囲に雨雲がかかり、また、上空には寒気が流れ込んでくる見込みです。冷たい雨とともに地上付近の気温はグングンと下がり、東京都心では明日の昼頃に予想される気温が1〜2℃程度と、真冬の寒さとなりそうです。

関東の山沿いでは今夜から雪が降り始め、明日の昼前にかけての予想降雪量が20〜40センチとなっています。また、関東の平野部でも明日の朝から昼頃にかけて雪の降る所があり、積雪となる恐れもあります。予想よりも降水量が多くなり、地上付近の気温が予想よりも低くなった場合には、平野部でも警報級の大雪になる可能性があります。

【雪の予想】29日昼前にかけて予想される降雪量(多い所で)
関東地方北部の山沿い        20から40センチ
甲信地方              10から20センチ
関東地方北部の平野部        1から5センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて 10から20センチ
関東地方南部の平野部        1から5センチ

車で積雪エリアを移動される場合は、冬用タイヤを履くなどしっかりと対策を行い、交通障害などに十分に注意をして下さい。また、急激な気温変化となるため、風邪など引かないよう、体調管理にも十分に気を付けて下さい。

TOPICS画像

2020/03/28 10:04

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和2年3月28日10時01分 気象庁発表

28日09時58分ころ、地震がありました。
震源地は、浦河沖(北緯41.9度 東経142.3度 深さ 60km)
地震の規模(マグニチュード)は、4.9と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 石狩地方南部 渡島地方東部 胆振地方中東部 日高地方中部
〃 : 日高地方東部 青森県三八上北 青森県下北

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 函館市 千歳市 恵庭市 厚真町
〃 : 安平町 むかわ町 新冠町 浦河町
〃 : 新ひだか町 東通村 階上町

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2020/03/27 17:39

長崎県で1時間に49.5mmの雨 今夜も激しい雨に注意


今日27日(金)は、日本海を進む低気圧やそこから延びる前線の影響で、日本列島の広い範囲で雨が降っています。特に、九州北部では朝から局地的に激しい雨が降り、長崎県佐世保では1時間に49.5mmの雨を観測。また、長崎県壱岐市芦辺では午前9時までの12時間降水量が144.0mmを記録し、3月の観測史上1位の値を更新しました。

■1時間降水量の最大値(27日午後5時現在まで)
沖縄県 与那国町 所野  52.0mm 3月の1位の値を更新
長崎県 佐世保市 佐世保 49.5mm
    壱岐市  石田  43.0mm 3月の1位の値を更新
    平戸市  平戸  42.5mm 3月の1位の値を更新
    対馬市  美津島 42.0mm 3月の1位の値を更新

■12時間降水量の最大値(27日午後5時現在まで)
長崎県 壱岐市 芦辺 144.0mm(9:00まで) 3月の1位の値を更新
        石田 130.0mm(9:20まで) 3月の1位の値を更新
    平戸市 平戸 102.0mm(8:10まで)

今夜から明日28日(土)にかけて、日本列島を前線が通過。九州や中・四国では夜遅くには雨が止む見込みですが、東〜北日本では広範囲で雨が降るでしょう。特に、南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、紀伊半島や東海では局地的に激しい雨が降りそうです。落雷や突風、急な強い雨などに注意をして下さい。

TOPICS画像

2020/03/26 16:28

あす 広い範囲で雨 九州・四国で大雨に警戒


きょう26日(木)は、九州や四国の所々で雨が降り、次第に強まってきています。あす27日(金)は、全国的に雨が降り、西日本を中心に大雨となるおそれがあります。

あす朝は、日本海の前線上に低気圧が発生し、日本海を東進する見込みです。前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本から東日本で雨が降るでしょう。

特に、九州北部で強く降る時間帯がありそうです。昼前にかけて土砂災害に警戒してください。また、大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や突風にも注意が必要です。

あすの日中になると、九州南部や四国、紀伊半島の南西斜面、東海で大雨となる見込みです。前線から遠ざかる九州北部の雨は次第にやんでくるでしょう。

あすの夜は、九州南部〜東海の雨は弱まりますが、北日本の日本海側から北陸では所々で雨が強まりそうです。

■今夜からあすの夜までに予想される雨量は、多い所で、

 九州地方    150〜180ミリ
 山口県・高知県 120〜150ミリ

土砂災害に警戒してください。
低地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

TOPICS画像

2020/03/25 17:35

西・東日本 一日の気温差大きく


今朝(25日朝)は、全国的に冷え込みが強まりました。

日本列島は広く高気圧に覆われ、昨夜から今朝にかけて放射冷却が強まったことと、上空の寒気も残っていたため、関東甲信地方を中心に、最低気温が平年よりも低くなった所が多くなりました。

特に、長野県の信濃町では、今朝の最低気温が-9.6℃と平年よりも6.8℃も低く、真冬の朝のような冷え込みとなりました。朝の最低気温が1月〜2月並みとなった所もあり、内陸部では氷点下を観測するなど厳しい寒さでした。

しかし、上空の寒気が抜け、きょうの日中にかけては気温がぐんぐんと上がり、最高気温は15℃前後と4月上旬並みの暖かさとなって、熊本県の人吉市では、24.2℃と初夏を思わせる陽気となりました。

東京都心では、今朝の最低気温が3.4℃まで下がりましたが、日中の最高気温は16.0℃と一日の気温差がおよそ13℃と大きくなりました。

あす26日(木)も広く高気圧に覆われ、朝は冷え込みますが、日中はきょうよりも気温が高くなりそうです。気温差が大きくなりますので、体調管理に気を付けてください。

TOPICS画像

2020/03/24 16:49

週間天気 週末は広い範囲で雨


きょう24日(火)は、西高東低の気圧配置で、寒気が流れ込み、北・東日本の日本海側を中心に雪や雨が降りました。関東甲信地方の北部でも雪が降り、群馬県の藤原で正午現在の積雪は24?に達しました。

あす25日(水)〜あさって26日(木)は、日本付近は高気圧に覆われて、広く晴れるでしょう。北・東日本の日本海側は、あすの午後になると次第に晴れてくる見込みです。

ただ、寒気の影響が残り、あす25日(水)の朝は冷え込みが強まりそうです。
東京では、予想最低気温は今朝よりも低い4℃と平年よりやや低くなるでしょう。日中にかけてはぐんぐんと気温が上がり、予想最高気温は16℃と4月上旬並みの暖かさとなりそうです。

27日(金)〜29日(日)は、日本付近を前線が通過するため、雲が広がりやすく、雨の降る所が多いでしょう。特に28日(土)〜29日(日)は、東・西日本の太平洋側で、本州南岸の低気圧や前線の影響により、雨量が多くなる可能性があります。最新の気象情報に注意してください。

TOPICS画像

2020/03/24 12:21

地震情報(震源・震度に関する情報)


地震情報(震源・震度に関する情報)
令和2年3月24日12時18分 気象庁発表

24日12時15分ころ、地震がありました。
震源地は、宮崎県北部平野部(北緯32.1度 東経131.5度 深さ 20km)
地震の規模(マグニチュード)は、3.1と推定されます。

[震度3以上が観測された地域]
震度3 : 宮崎県北部平野部

[震度3以上が観測された市町村]
震度3 : 西都市

この地震による津波の心配はありません。


TOPICS画像

2020/03/23 16:27

季節外れの暖かさから一転 冬の寒さ戻る


きのう22日(日)は、大幅に気温が上がった所があり、東京都の青梅で最高気温27.1℃と7月上旬並みの暑さとなりました。全国的に日中は4〜5月並みの暖かさとなり、最高気温が今年最高を観測した地点が多くありました。

季節外れの暖かさから一転、きょうは日本列島に寒気が流れ込んでいます。このため、気温が下がり、前日との寒暖差が大きくなっています。きのうより、最高気温が高くなったのは、九州南部の一部で、全国的に前日の最高気温との差が5度くらいの所が多くなっています。特に、関東甲信地方では、前日との最高気温との差が10度と、大幅に気温が下がった所もあります。

■きのう(22日)ときょう(23日)の気温差
※きょうの14時までの最高気温
札幌    9.8 → 6.2
東京   23.7 →14.0
名古屋  21.8 →18.1
福岡   22.5 →17.5

前日との寒暖差が大きくなっていますので、体調管理に気を付けてください。

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加