津波情報

          
津波予報
令和2年11月7日10時16分 気象庁発表

津波予報(若干の海面変動)を発表しました。

<<< 津波予報 >>>>

小笠原諸島      <津波予報(若干の海面変動)> 高さ 0.2m未満

<地震>
発生は、11月7日 10時11分
震源地は、小笠原諸島東方沖  父島の南東230km付近
    (北緯25.7度 東経144.0度 深さ 10km)
地震の規模(マグニチュード)は、6.2と推定されます。

 これらの沿岸では今後2、3時間程度は若干の海面変動が継続する可能性
が高いと考えられます。
<津波予報(若干の海面変動)>
若干の海面変動が予想されますが、被害の心配はありません。

[予想される津波の高さの解説]
予想される津波が高いほど、より甚大な被害が生じます。

《10m超》巨大な津波が襲い壊滅的な被害が生じる。木造家屋が全壊・流
      失し、人は津波による流れに巻き込まれる。

《 10m 》巨大な津波が襲い甚大な被害が生じる。木造家屋が全壊・流失
      し、人は津波による流れに巻き込まれる。

《 5m 》津波が襲い甚大な被害が生じる。木造家屋が全壊・流失し、人
      は津波による流れに巻き込まれる。

《 3m 》標高の低いところでは津波が襲い被害が生じる。木造家屋で浸
      水被害が発生し、人は津波による流れに巻き込まれる。

《 1m 》海の中では人は速い流れに巻き込まれる。養殖いかだが流失し
      小型船舶が転覆する。

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加