週間天気予報

気象庁本庁 2019/07/16 16:43:00発表


予報期間7月17日から7月23日まで北日本は、前線や湿った空気の影響で曇りの日が多く、期間の前半は雨の降る所もあるでしょう。東日本と西日本は、前線や湿った空気の影響で曇りの日が多く、期間の前半は雨が降る日が多い見込みです。沖縄・奄美は、17日は高気圧に覆われて晴れる所もありますが、台風や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、期間の前半は雨の降る日もあるでしょう。なお、沖縄・奄美と西日本は、19日から20日頃にかけて、湿った空気の影響や前線の活動の程度によっては大雨となる所があり、また18日から20日頃にかけて、台風の影響で大しけとなる所がある見込みです。最高気温と最低気温はともに、北日本は平年並か平年より高いでしょう。東日本から沖縄・奄美にかけては平年並か平年より低い見込みで、中頃にはかなり低くなる所もあるでしょう。

▼詳しくはこちらから

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加