地方気象情報

        
令和元年 台風第17号に関する東北地方気象情報 第2号
令和元年9月21日16時17分 仙台管区気象台発表

東北地方は、23日から24日にかけて、日本海側の海上を中心に、大荒れ
や大しけとなるおそれがあります。暴風や高波に警戒してください。

【気象状況】
大型で強い台風第17号は、21日15時には久米島の北西約160キロに
あって、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は
970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メー
トルとなっています。
台風は今後東シナ海を北上し、22日には対馬海峡付近を通過して日本海に
進むでしょう。さらに、23日から24日にかけて日本海を北東に進み、温
帯低気圧の性質を帯びつつ勢力を保ったまま、東北地方に接近する見込みで
す。
このため、23日から24日にかけて、日本海側の海上を中心に、大荒れや
大しけとなるおそれがあります。暴風や高波に警戒してください。

【補足事項】
今後の台風情報や、地元気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意し
てください。
次の「令和元年 台風第17号に関する東北地方気象情報」は、22日5時
30分頃に発表する予定です。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加