地方気象情報

        
大雨と突風及び落雷に関する近畿地方気象情報 第21号
令和2年7月13日16時00分 大阪管区気象台発表

近畿地方では、13日夜遅くから14日夕方にかけて、局地的に雷を伴った
激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水
に十分注意してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。

 梅雨前線が朝鮮半島から西日本を通って伊豆諸島付近にのびています。
 前線上に新たに発生する低気圧が13日夜から14日にかけて日本海を東
に進み、前線が近畿地方を通過する見込みです。前線や低気圧に向かって、
暖かく湿った空気が流れ込むため、近畿地方では13日夜のはじめ頃から1
4日にかけて、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
 近畿地方では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。
 雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。
 
[雨の実況]
 降り始めからの降水量が900ミリを超えた所があります。また、所々で
7月の月降水量の平年値を超えています。
 降り始め(5日15時00分)から13日15時00分までの降水量(ア
メダスによる速報値)
 京都府
        長岡京 284.0ミリ
     京都市中京区 275.5ミリ
 滋賀県
  長浜市余呉町柳ケ瀬 361.0ミリ
     大津市南小松 313.5ミリ
 兵庫県
    丹波篠山市後川 256.5ミリ
     神戸市中央区 249.0ミリ
 大阪府
         茨木 239.5ミリ
         能勢 229.5ミリ
 和歌山県
    田辺市護摩壇山 902.0ミリ
      田辺市龍神 732.0ミリ
 奈良県
    十津川村玉置山 531.0ミリ
     十津川村風屋 492.0ミリ

[雨の予想]
 近畿地方では13日夜遅くから14日夕方にかけて、局地的に雷を伴った
激しい雨の降るおそれがあります。
13日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 近畿北部 40ミリ
 近畿中部 40ミリ
 近畿南部 25ミリ
14日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 近畿北部 40ミリ
 近畿中部 40ミリ
 近畿南部 40ミリ
13日18時から14日18時までに予想される24時間降水量は、いずれ
も多い所で、
 近畿北部 150ミリ
 近畿中部 150ミリ
 近畿南部 150ミリ

[防災事項]
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
 竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安
全確保に努めてください。

[補足事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
 次の「大雨と突風及び落雷に関する近畿地方気象情報」は、14日6時頃
に発表する予定です。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加