地方気象情報

        
大雨と突風及び落雷に関する近畿地方気象情報 第13号
平成30年9月10日16時08分 大阪管区気象台発表

京都府では、10日夜遅くにかけて土砂災害に警戒してください。

 近畿地方では、前線や湿った空気の影響で、降り始め(9月6日15時)
からの総降水量が、多い所で200ミリを超える大雨となりました。
 前線は紀伊半島の南海上に南下し、雨は弱まりましたが、これまでの大雨
により地盤の緩んだ状態となっているため、少ない降水量でも土砂災害の発
生するおそれがあります。
 竜巻などの激しい突風や落雷のおそれはなくなりました。

[雨の実況]
 降り始めの9月6日15時から10日16時までの総降水量(アメダス速
報値)は、主な所で、
 京都府  京丹後市間人    222.5ミリ
 滋賀県  長浜市余呉町柳ケ瀬 150.0ミリ
 兵庫県  豊岡        240.0ミリ
 大阪府  能勢        225.5ミリ
 和歌山県 有田川町清水    212.5ミリ
 奈良県  十津川村風屋    137.0ミリ

[防災事項]
 土砂災害に警戒してください。
 河川の増水に注意してください。

[補足事項]
 本号で終了しますが、急な気象状況の変化があれば随時発表します。
 今後、地元気象台が発表する最新の警報、注意報、気象情報などに留意し
てください。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加